5月26日(日)15時 イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログにかけない裏話&タンザニアのサファリと世界の自然の旅話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、私がベストワンだと考えるアフリカ・タンザニアのサファリの行き方をはじめ世界中の自然の旅話、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:5月26日(日)15:00~17:30(14時40分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

写真集 アーカイブ - ページ 2 / 4 - みきと行こう ( 2 )

Category
気ままに写真集 タンザニア ンゴロンゴロ自然保護区 その1

気ままに写真集 タンザニア ンゴロンゴロ自然保護区 その1

ンゴロンゴロ自然保護区内で2018年1月下旬に撮影した写真。 クレーター内のサファリだけでなく、 セレンゲティ保護区までの境目を移動した際の写真も含まれています。 去年のンゴロンゴロのクレーターに下りた日は、 鳥を撮影したい人の車に乗っていたので、 鳥の写真が圧倒的にが多くなりました。 でも、ライオンがたくさんいて、 ...Read More
気ままに写真集 ジャマイカの鳥

気ままに写真集 ジャマイカの鳥

今日で、2019年も7日が過ぎた。 今年もあっという間に過ぎていきそうな予感。 以前の様にマシンのように働く忙しさとは全く違うけど、 新しい出会いと、 新しい動きが、 たくさんあって、 自分で決めればいいので、 悩みはするが、 動くまでは早い。 新しいことをするのは、 ドキドキするし、 怖いときもあるけど、 わくわくの...Read More
きままに写真集 東部カナダ ニューファンドランド島 その2

きままに写真集 東部カナダ ニューファンドランド島 その2

ニューファンドランド島は、 島の東側は、海鳥の北米最大規模の繁殖地があるし、 島の西側のグロスモーン国立公園には、 世界で一番美しいと言われている、 ピンクと白のアツモリソウの群生地があり、 他の湿地帯などでも多数のランを観察できる、 鳥も花も楽しめる、まさに楽園のような場所。 クジラも来るし、流氷ではなくて氷山が見ら...Read More
きままに写真集 東部カナダ ニューファンドランド島 その1

きままに写真集 東部カナダ ニューファンドランド島 その1

カナダの東海岸に位置するのがニューファンドランド島。 日本から遠くて、ヨーロッパに近いカナダ。 西海岸にあるバンクーバーは、 よく知られた地名ですが、 東海岸のカナダはの地名を言われてもピンとこないかもしれません。 赤毛のアンが好きな方なら、 プリンスエドワード島が近いです。 韓流ドラマが好きな方なら、 トッケビの舞台...Read More
気ままに写真集 秋のアラスカ 食事編

気ままに写真集 秋のアラスカ 食事編

9月のアラスカの旅の食事、飲みもの編。 皆さんに好きな物を選んでいただいたので、 ツアーで、こんなに美味しいものが食べられると思わなかったと、 みなさんとても楽しそうだった。 アラスカは、地ビールも美味しい。 お店を選べば、 魚介も肉も、なんでも 美味しい。 選べない時は、サブウェイに行ったりもしたけど。 最後は、乗継...Read More
きままに写真集 タンザニアの鳥

きままに写真集 タンザニアの鳥

新しい試みとして、いろんな国の生き物たちの写真をアップして行こうと思います。 だいぶ前から、 いろんな国のたくさんの動植物の写真をブログで紹介したいと思っていましたが、 どうしたらいいか悩んでいました。 答えが出ないので、アップしながら、様子みながら方向性が見つけられたらと考えています。 もちろん、全て自分で撮影した写...Read More
写真集 マダガスカルの自然 旅をするのは大変だけど魅力あふれる動植物 

写真集 マダガスカルの自然 旅をするのは大変だけど魅力あふれる動植物 

かなり特殊な動植物であふれる島。 日本の2.6倍の国土。 マダガスカルは、 アフリカ大陸の右下にある島。 でも、 「8番目の大陸」とも呼ばれると、 よく生き物の図鑑には書いてある。 そういいたくなるぐらい、 マダガスカルにしかいない動植物が多い。 フェイスブックの方で、 ここしばらく、マダガスカルの動植物と景色を紹介し...Read More
ニューカレドニアの鳥 固有種17種 これからまた増えそう!

ニューカレドニアの鳥 固有種17種 これからまた増えそう!

ニューカレドニアの鳥、 カグーのほかにも、ニューカレドニアにしかいない鳥(固有種)がいますが、 現在、固有種は17種。 種は別れる傾向で、 まだ分かれていないけど、 既に分かれると言われているものも数種あります。 次に来る機会があったら、固有種数が増えそうです。 バードガイドからの情報から、 鳥のチェックリスト(その国...Read More