自然観察あれこれ

私が旅に行く際の持ち物、自然観察のための持ち物、ノウハウ、お役立ち情報などを書いています。観察地情報などもあります。


自然観察は、私は鳥、バードウォッチングからはじめました。海外に探鳥に行く旅に関わる仕事をしてから、プロバードガイドが身近になり、彼らをお手本にいろんなことを少しずつ学んでいきました。ガイドは、私が思うに皆、特殊能力者だと思います。


その後、さらに仕事で植物観察の旅の手配・添乗にもたずさわり、よくわからなくて苦手だった植物の世界にもどっぷり浸かり、企画ネタをくださり旅の講師でもある植物学者、植物写真家の方々、そしてキャリアの長いご参加者の方々の英才教育を受け、植物の観察の仕方、探し方、撮影方法も学びました。


植物が見えるようになったら、世界が広がり、自然全体、環境が見えるようになりました。またデジタルカメラのお陰で鳥や哺乳類の撮影も可能になり、写真が撮れるようになったことで、後から調べて気づくこともたくさん増えました。写真は自然の美しさを他者と共有でき、楽しさを倍増させてくれます。


双眼鏡も自然観察には必需品です。よく観察するためには、生きものに近づく必要があります。植物なら近寄って手に取れることもありますが、動物は近寄られるのを嫌がるので、よく見るためには双眼鏡が必要です。


日本と違う、暑いまたは寒い気候の場所で、観察のために長く野外で過ごしたりするのは、結構大変ですが、着るものをちょっと変えるだけでだいぶ楽になります。

また、未舗装地や不整地を歩くには、足を守ってくれる靴、トレッキングシューズなどが必要です。


また、自然豊かな場所には、日本にはいない虫もいるし、その土地の風土病や動物由来の病気もあります。そういうものから自分を守る知識なども書いています。

新着記事

投稿ナビゲーション