10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

Wild Life 命あるもの、動植物 アーカイブ - みきと行こう

Category
スリランカ 爬虫類と両生類 その4 カエル・トカゲ・カメ ※ヘビあり

スリランカ 爬虫類と両生類 その4 カエル・トカゲ・カメ ※ヘビあり

スリランカ 爬虫類と両生類シリーズ最終です。 今回は、シャワールームにいたカエル、 アクシスジカを飲み込む大蛇が、ポイントです。 それから、写真ではわかりにくいけど、 もう一種のヘビはコブラの仲間。 鳥に威嚇され、 蛇使いのコブラのような、 でっぱりを一瞬にして出しましたが、 すぐ戻りました。 あの膨らみは、出したり引...Read More
スリランカの爬虫類と両生類 その3 ワニ・トカゲ・カエル ※ヘビ無し

スリランカの爬虫類と両生類 その3 ワニ・トカゲ・カエル ※ヘビ無し

スリランカの爬虫類と両生類の紹介、その3、見てくださってありがとうございます。 今回の旅の爬虫類と両生類、地味系です。 ヘビの写真がないので、嫌いな方はこの機会にぜひみてください。 スリランカは、 島の中央部に山岳地帯があり、 思いのほか、移動に時間がかかります。 あ、でも、最近、高速道路ができて、 西側はすごく便利に...Read More
スリランカの爬虫類と・両生類 トカゲ、ヘビ、ヤモリ その2

スリランカの爬虫類と・両生類 トカゲ、ヘビ、ヤモリ その2

スリランカで出会ったかわいくてカッコイイトカゲを筆頭に、ほかいろいろ。 1ツアー分を一気にアップします。 日本から近くて、直行便でぴゅっといける、とっても行きやすいスリランカ。 最近のテロでしばらくは日本からの観光客は激減するかもしれませんが、 自然豊かな国なのは間違いありません。 爬虫類・両生類好きな方は特に、おすす...Read More
スリランカの爬虫類と両生類 トカゲ ヘビ カエル その1

スリランカの爬虫類と両生類 トカゲ ヘビ カエル その1

つい最近、爬虫類・両生類のくわしい人ばかりの会に参加させていただき、 個人的に熱が一気に上がったので、 過去のスリランカの旅で見た、それらの写真を探しました。 スリランカの図鑑は入手はしたけど、 忙しさに負けて、種名も調べないまま放置した写真。 今まで勉強する時間もないままきてしまったけど、 せっかく出会えるのだから、...Read More
気ままに写真集 パナマで観察 昆虫&ハ虫類&両生類と植物編 

気ままに写真集 パナマで観察 昆虫&ハ虫類&両生類と植物編 

パナマ(Panama)で観察した哺乳類と鳥類を除いた動植物編です。 探鳥ツアーだったので、 今回の動植物の写真は、鳥を探しているあいまに見つけたものです。 メタリックブルーの美しいモルフォチョウもたくさん見たのですが、 止まらないの今回も撮影できませんでした。 モルフォチョウの観察頻度は高かったですね。 では、まずはハ...Read More
オオキンランチョウ

南アフリカ東部 クワズルナタール州の鳥たち 赤や黒の繁殖羽の鳥たちがいっぱい

南アフリカに今年も行ってきました。 去年とほぼ同じくらいの時期に訪れましたが、全然違っていました。 今年は、鳥の繁殖期が早いようです。 普段は地味な茶色い鳥が、赤くなったり、黒くなったり、尾が体長の3倍も長くなったりと変化する時期ですが、今年はすでにその最盛期なのかというくらい、繁殖羽の鳥をたくさん見ることができて、興...Read More
アフリカマメガン African Pygmy Goose いつか見たい鳥に出会た喜び

アフリカマメガン African Pygmy Goose いつか見たい鳥に出会た喜び

図鑑ではよく見ているけど、実際には見られないというか、見にくい鳥というのがある。 鳥や哺乳類の旅に行く前には、見られる可能性のあるリストを作成してお渡ししている。 その元のリストは現地からもらう。 初めて行く国であれば、私も図鑑とリストを見比べて、まず和名を入れて、あとは図鑑をよく眺めながらその鳥の名前と絵を覚える。 ...Read More
野生の生き物に出会に行くこと ディズニーランドのジャングルクルーズ とは違うリアルな怖さ

野生の生き物に出会に行くこと ディズニーランドのジャングルクルーズ とは違うリアルな怖さ

今は人が多いのが苦手で全く行かないけども、中学生の頃はよく行っていたディズニーランドでは、ジャングルクルーズが好きだった。 あの頃は、まさか本当にサファリやリバークルーズをこんなに普通にするようになるとは、夢にも思っていなかったけど。 リバークルーズって、実は川の上という不安定な場所にいる。 川の水は、そんなに透明なわ...Read More
ミナミベニハチクイ

ここに連れて行きたいという想いや場所があって、旅を作る私 2017年のナミビアの思い出

自然相手の旅は、同じ場所に行っても、同じ状況なことはない。 毎回全然違うといっても過言ではない。 自分が感動した場所、素敵なところにご案内したいといつも思っている。 2回目以降に旅のスケジュールを考える時は、ここに連れてきたら楽しんでもらえるかなぁ、この青空バックの赤い鳥がたくさんの景色をみせたいよなぁ、でも結構来るま...Read More
ハジロアカハラヤブモズは、ナミビアの国鳥 日本の国鳥は知ってますか? 

ハジロアカハラヤブモズは、ナミビアの国鳥 日本の国鳥は知ってますか? 

国の鳥ということで、国鳥というのが、世界各国たいてい決まっています。 その国でとても見やすい鳥がそうだったり、派手で美しい鳥が選ばれていたり、さまざま。 ナミビアの国鳥は、このハジロアカハラヤブモズ。 お腹の赤がかなり目立つので、一度見ると忘れない鳥。 図鑑の中では、いっけん上面が黒いからそれほど目立たない気もするが、...Read More