Wild Life 命あるもの、動植物 アーカイブ - ページ 2 / 9 - みきと行こう ( 2 )

Category
親の日陰で強い日差しをしのぐ子供たち 初めて見たダチョウの親子の風景

親の日陰で強い日差しをしのぐ子供たち 初めて見たダチョウの親子の風景

アフリカ、ナミビアのエトーシャ国立公園で見たダチョウ。 親の日陰に子供たちが隠れている。 昼間の日差しは相当強い。 タンザニアでは、サファリカーの陰にライオンが涼を求めてやってきたことがあったが、ダチョウの子供たちは、親の日陰に身を寄せている。 ダチョウはたくさんみてきたけど、こんなに小さい子供たちがわらわらいて、日陰...Read More
アフリカで見るダチョウはとても美しい 2種いて、よくいるのはCommon Ostrich 

アフリカで見るダチョウはとても美しい 2種いて、よくいるのはCommon Ostrich 

ダチョウは、あんまり人気のある鳥ではないが、個人的には好き。 アフリカの広いサバンナ、だだっ広い草原にいるダチョウはとても絵になる。 何度見ても美しい。 オスが黒い羽で、メスが薄茶色の羽です。 頭を下げて、採餌している様子は、ろくろっくびの様に見えなくもなく、気持ちが悪いと言われる方もいますし、 確かに気持ち悪いかもと...Read More
子カバ オスにやられたと思われる傷がある

傷ついた子供のカバ 雄にやられるというが見たわけでは無く

オカバンゴのパンハンドルエリアでのクルーズ中に観察した子供のカバです。 子供のカバを陸上で見たのは初めてで、見えた瞬間、珍しい!と思いましたが、 しかも、体中、傷ついていました。 雄に殺されかけたと思われます。 動物の世界ではよくありますが、自分の子供が欲しい、もしくは、子供がいると次の繁殖に入らないということで、子供...Read More
国立公園の外で暮らすアフリカゾウ 川岸のパピルスを食べる

国立公園の外で暮らすアフリカゾウ 川岸のパピルスを食べる

ボツワナのオカバンゴ川の川岸近くに出たアフリカゾウです。 国立公園でもなく、保護エリアでもない普通の場所で、民家が近くにあるような場所ではありませんが、ゾウが群れでいました。 パピルスをなぎ倒して食べているところで、普段見るアフリカゾウより荒々しい感じがして、いつもと違った野生感がありました。 こちらのボートに気づいて...Read More
アフリカヤツガシラ

アフリカヤツガシラ 頭の羽が扇のようにひらく人気の鳥 思い出の鳥

日本のヤツガシラとは別種のアフリカヤツガシラですが、ぱっと見た感じではたいして変わりません。 写真の状態では、頭の羽、冠羽(かんう)はたたまれていて、キャップを後ろ被りしたようになっています。 冠羽は、緊張感が走ったり、地上に降りた時の一瞬などで、頭の羽を扇のようにひらくので、それは派手で美しくとても人気です。 図鑑に...Read More
オリックス

ナミビアのエトーシャ国立公園のサザンオリックス(Southern Oryx)宮崎駿さん映画を想起

東アフリカにもいたオリックス 細く長い角とこの顔で間違えようのない生き物、オリックス。 よく行く北部タンザニアの国立公園では見ないので、東アフリカには居ない動物だと思っていた。 ブログを書くにあたり、最近ヨハネスブルグで買ってきた最新の哺乳類の図鑑を引いたら、なんと東アフリカにもいた。 写真の種とは違うオリックスだけど...Read More
アフリカスズメフクロウ

アフリカスズメフクロウ もっとも観察しやすい 昼行性の小型のフクロウ 

手のひらサイズというと語弊があるかもしれませんが、全長14~18㎝なので、かわいい小型のフクロウです。 小さいけど、フクロウなので肉食です。 昆虫を食べることが多いようですが、ヒナを襲ったりするので、この鳥が飛んでくると、近くにいる小鳥がモビングしにやってきます。 モビングとは、小鳥がみんなでつきまとい、捕食者を追い払...Read More
アフリカハサミアジサシ

アフリカハサミアジサシのお腹にヒナ 超かわいい! そして船頭さんに感謝!

ボツワナのオカバンゴ川沿い、パンハンドル(フライパンの柄のように細長いエリア)で今年はハサミアジサシを多数観察しました。 2年前にはいなかったはず。 今年は水位がかなり下がり、例年より砂洲がたくさんできて、ここでも繁殖できるから多数きているのではないかと推測。 そして、前回来た時の船頭さん(兼、ローカルガイド)より、は...Read More
ウオクイフクロウ

ウオクイフクロウ 南部アフリカのフクロウ Pel’s Fishing Owl オカバンゴで観察し思ったこと

フクロウ好きな方は多いですが、私も好きです。 ボツワナのオカバンゴ川沿いの島で見た大型フクロウを紹介します。 ウオクイフクロウ、英名はPel’s Fishing Owl。 名前の通り、魚を食べるフクロウで、北海道にいるシマフクロウと同じような食性で、見た目の雰囲気も似ています。 このフクロウ、全長60㎝強あ...Read More
ブログ写真集 秋のアラスカ 黄葉と紅葉の樹々

ブログ写真集 秋のアラスカ 黄葉と紅葉の樹々

日本では紅葉の秋だが、アラスカでは黄葉がメインと聞いていた。 確かに、黄色の方が多い。でも黄色だけじゃなかった。 草紅葉は赤い。 そして黄色が優先してるところが多いが、黄色、オレンジ、赤とそして、その色を引き立てる針葉樹の緑の濃さが美しかった。 光がいいうちにと、車で戻って、歩いて降りて行ったら、そこは楽園でした。 針...Read More