June 2017

Month
多田多恵子さんとの出会いと思い出  植物が面白くなった理由

多田多恵子さんとの出会いと思い出 植物が面白くなった理由

多田さんは植物生態学者で現在複数の大学で教えられ、執筆活動も多数、いつお会いしても、忙しくない時は見たことがありません。 私は仕事の関係で出会いました。 普段、対外的な仕事では圧倒的に男性とのやりとりが多いので、何とも思っていないつもりでしたが、頻繁にやりとりした女性の関係者は、多田さんお一人でした。 私のメンターだっ...Read More
ライオンはどこにいるでしょう? タランギーレ国立公園のバオバブとライオン

ライオンはどこにいるでしょう? タランギーレ国立公園のバオバブとライオン

バオバブは、アフリカ大陸には一種しかありません。学名でいうと、アダンソニア・ディギタータという種類です。そして、写真の立派な樹木は、アフリカ、タンザニアのバオバブなので、その種類です。 でもよく知られた「星の王子様」に出てくる、バオバブと雰囲気違うなぁと思った方、なかなか鋭いです。 それは、樹木に葉が、青々とあるからで...Read More
日の出と朝霧

日の出と朝霧のタランギーレ国立公園

タンザニアのサファリでは、バオバブとゾウが多いことで有名な公園。いままで最高2連泊しかしたことないけれども、この公園じつは、相当広い。 その広さなんと2600㎢。東京都が2200㎢弱だから、東京都より広い。そんな広さが国立公園の敷地なんだからスケールが違う。 この公園、タランギーレ川を中心に生き物たちが動く。川があるせ...Read More
ヒョウタンボク?かな

ブログ紹介! いまここで会える自然 すごいブログなんです!って何が、、、

植物ってとっつきにくい。花が咲いてる時ならまだいいけど、咲いてるのは、ほんのいっとき。 でも、知ってる人に教えてもらうと、あら不思議、とっても楽しい世界なんですよ、これが。 動物みたいに動けない分、戦略家であり、スゴイ!と感心することもしばしば。 紹介するブログは、身近な植物の見かた、楽しみ方、植物の不思議さ、美しさな...Read More
自然の守り人 三ツ峠山荘の中村光吉さんに出会えた喜びと気付き

自然の守り人 三ツ峠山荘の中村光吉さんに出会えた喜びと気付き

自然の中で観察した鳥や花の名前を知ることは楽しい。 名前がわかれば後で図鑑を読むこともできるし、名前がわかれば人とそれについて話をすることもできる。 だから、名前がわかることは大事だと思っています。 でも、新しい自然豊かな場所へ行き、新しく花や鳥を見て名前を知ることだけに重きを置くのは、なんか違うなぁと、薄ぼんやりと長...Read More
タクマクニヒロ写真展 Kind of Blue + へGO! 25日まで

タクマクニヒロ写真展 Kind of Blue + へGO! 25日まで

表参道駅徒歩1分のスパイラルビルを入った奥に広がる気持ちのいい空間、スパイラルガーデンで、タクマさんの写真展が6月25日、日曜日まで開催されています。 カインド オブ ブルー プラスの名の通り、青がいえブルーと言った方が適切な、ブルーの洪水な、写真が広がります。 ブルー好きにはたまりません。 タクマさんのことは、ある人...Read More
ウラジオストックの駅ホームから撮影

ブログ開設1年目で何が変わったか? 一年前とは別世界のいま

人生は不思議ワールド。 一年前にブログを始めたきっかけは、会社のブログの作成がスムーズにできるようになりたいから、仕組みをしりたくなって、さすがに自分で作ったらわかるようになるはず?と思ったのがきっかけ。 まさか、会社を辞めるとは夢にも思っていなかった。 そして、本日、ブログを一緒に開設した友人から、友達になって1年記...Read More
肌触りのいいコットン製品に出会い気づく これが気持ちがいい

肌触りのいいコットン製品に出会い気づく これが気持ちがいい

仕事がら速乾性の化繊の素材ばかりを着てきた。 洗濯してもすぐ乾くし、今までの生活だと便利でこの上なかった。 でも、今日違うと気づいた。 環境がそうさせてのであって、本当に自分が好きなのは、肌触りのいい感触が気持ちのいいものだった。 スリスリしたくなる肌ざわりが好き。 自分に嘘ついてきた訳ではないけど、どうしたら1番全て...Read More
西アフリカのボゾ族の女性がビーチサンダルから再生したブレスレット

西アフリカのボゾ族の女性がビーチサンダルから再生したブレスレット

ヨシダナギさん写真展の後、帰り道にヒカリエに立ち寄った。ここは、数回来たことがあるので、ブラブラするのにちょうどいい。 まっすぐ家に帰ってやることがたくさんある時に限って無性に行きたくなる。 少しウロウロした成果がこれ。 ニジェール川流域に住むボゾ族の女性がビーチサンダルからリサイクルしたブレスレット。 青がきれいで手...Read More
プロといえるのは何なのか? いつなのか? それは自分で決めること

プロといえるのは何なのか? いつなのか? それは自分で決めること

鳥は大学のサークルで1年見ただけです。海外の鳥は仕事で接したのが初めてで、毎回半泣きしながら覚えていきました。 植物は、まるっきり仕事で見始めたので、最初はあまりにわからなくて混乱の極みでしたが、途中から、プライベートで高山植物を見るために山に行くようにもなりました。 好きになるとはまりやすいみたいです。 仕事関係で近...Read More