極小のカメレオン マダガスカルのアンバーマウンテン国立公園で観察

マダガスカルは、世界のカメレオンの半数以上、または三分の二以上の種がいると言われる。諸説いろいろ聞くが、いずれにせよ、カメレオンを観察するには最適な場所だと思う。

カメレオンファームというような、私設動物園みたいなものが首都アンタナナリボから日帰りで行けるような所にあって、ケージの中に放し飼いにされていて、一度に、多数の種類を見ることができる。

初めてカメレオンを見るのなら、おすすめ。何故なら、自然状態でカメレオンを見つけるのは相当難しいから、一度、脳みそにこういうものだという事を見せた方が実際にフィールドで探すときに各段に気づきやすくなるからだ。

カメレオンの動き、雰囲気、樹のどんなところに、どんな風についているのか、などなど、ケージの中のカメレオンでも初めてだったら、たくさんの経験値が得られる。どんなものかを目に焼き付けてから、野外で探そう。

さて、この小さいカメレオン、日本の名前≒和名はないので、学名だと「ブロケージアミニマ」といいますが、サイズは2~3㎝くらいです。

落ち葉の下や、草の中、樹々がある下に生える草はらのような場所で2016年は探して、見ました。

7年前に訪れた時よりも、数がだいぶ減ったと聞きました。実際に、このときは1匹しか見つかりませんでした。
前回は、多数いたのに。

こんなに小さいですが、世界最小のカメレオンは、他にいます。マダガスカルのさらに北部に位置する離島で、ここ最近5年は経っていない位に新種として発見され新種記載されました。

鉛筆の先上に乗るくらい、1㎝弱ほどのサイズです。

それを見に行くツアーも検討したのですが、無人島で、見つけておかないと、実際に見るのは難しいと。
マダガスカルの人は、約束が難しいのです。直接会って、話して、一つずつ依頼しないと、いくら事前に言っていても、なんにも意味をなさないことが多いのです。

この国の旅行の難しさの理由の一つです。手配が全く手配通りにならない、いくら確認しても意味がないという事が、まま起こるのです。だから、大手旅行会社さんは、同じ場所しかツアーを組まないのです、大変だから。クレームの嵐になるからと思います。

信頼できるマダガスカル人が同行してくれるか?が、この国では最重要事項です。そうでないと、生き物観察の前に、路頭に迷います。

人が信頼できるかどうかが重要なのは、どこの国でも一緒かもしれませんが、日本のようにおよその人がある一定のレベル以上の国にいると、この国の事は、なかなか理解しがたいと思います。日本は人もインフラもすべて整っていて、本当に快適です。

マダガスカルに行くようになって、教育の大切さを、肌で感じました。教育がされないことの怖さ、を実体験しました。

世界最小のカメレオン、どうしても見たいという方が数人いらっしゃれば、アレンジ自体は可能です。何が起こるかわかりませんが。

行ってみないと何が起こるかわからない、アドベンチャーな国、マダガスカルは、特殊な動植物が溢れていて、自然好きなら、一度は訪れることをおすすめする、魅力あふれる国です。が、行くときは、細心の注意を払って、いろいろ選択して安全に行ってくださいね。

いろいろあっても行く価値がある、生き物の特殊さ、面白さは世界のどこと比べても群を抜いてスゴイ場所の一つです。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。