イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

マダガスカル アジアなアフリカにいる忍者みたいなヘラオヤモリ

マダガスカル アジアなアフリカにいる忍者みたいなヘラオヤモリ

マダガスカルという島国が、アフリカ大陸の右下あたりにあります。

この島の生き物は本当にスゴイ!、特異なものばかりです。

このヘラオヤモリの仲間は北部のアンバーマウンテン国立公園で観察しました。写真は2016年10月に撮影しましたが、以前、7年前にもここで観察したことがあります。隊長20センチ以上の大き目のヤモリです。
近づきすぎて起こしてしまったヘラオヤモリ
北部にいくならこの子に会いたいと思っていましたが、この場所にたどり着いたときは、トラブル続きの後ですっかり忘れていましたが、出会えて本当によかったです。

飛行機がわざわざ荷物を載せずに飛んだという、そして目的地に着いてから乗客に言うという、マダガスカルらしいと言えばまさにそういう事件の後、翌日に荷物を取り戻す手続きをし、ディエゴスアレス(アンツィラナナ)の空港から向かった公園に着いたときは、もう夕暮れでした。

マダガスカルは、国立公園が多数あり、点在しているので、訪れるだけでも一苦労です。何故なら交通機関が安定していないから。そして、人がまじめに働く気がないから。

マダガスカルでは、いろいろな経験をし、毎回強くなる自分がいました。

とりあえず、今日はヘラオヤモリの紹介します。口のところ、手の感じが自分は好きです。