【今週の1枚】アフリカ最大のウシ科 イランド Eland

ウシに脚光が浴びるのは12年に一度の丑年ぐらいしかないかと思うので、

できるだけ、カッコよく、細おもてにスッと見えるイランドの写真を選択。

最大のアンテロープ、ウシ科の動物で、イランド、

日本だとエランドと表記されてることもある。

ツノは、少しだけねじれ、あとは真っ直ぐで、

独特な角でカッコいい。

アフリカでサファリをしていると、

ウシ科のアンテロープの種が多いのだけども、

アンテロープの美しさはその角、ツノにあるのではないか。

そして、ウシっぽく見えない、ウシ科の動物が多いアンテロープの中で異彩を放って、

いかにもウシっぽい外見をもつ、イランド。

体が大きいせいで、この種だけは、ウシの仲間に見える。

初めてみたときは、その大きさに驚いた。

遠くから見てもかなり大きいし、太く、巨体な感じが見てとれる。

タンザニア北部では、

ンゴロンゴロ自然保護区やセレンゲティ国立公園で、

観察できることが多いが、

数はそれほど多くないので、

1回タンザニアに行って、一度見られるかどうか。

見つけたら、よく見て欲しい。

よく見たら、きれいだから。

あんまり見てもらえない動物ではあるけども。

1チャンスの動物だったりするから見逃さないで欲しい。

そして、ぜひ角をよく見てほしい。

撮影日:2016年9月3日

撮影場所:タンザニア・セレンゲティ国立公園

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。