【レン日記】ヒョウモントカゲモドキ 脱皮が近いと気づくこと4点 

急に白くなる

見た目が、急に白っぽくなるので、そろそろ脱皮だとすぐ気づきます。

一日一回は、シェルターに隠れていても、

それを外して、よく見るのですが、

ある日、突然白くなったと気づく感じで、

いっきに白くなります。

鳴く

白くなったな、

と気づいた当日、それ以降、

夜に、昼間に突然、ひと声、鳴きます。

叫ぶみたいな感じです。

最近、昼間に鳴いたのは、今まで聞いたことないくらい大きな声だったので、驚きでした。

何で鳴くのかはわからないのですが、

鳴いた時、すぐにシェルターのなかを覗きますが、

いつもと変わらず。

嫌なことをされた時も鳴きますが、

脱皮前のそれとは違います。

目がぱっちり

レンは、黒目なのですが、

黒目が普段の1.5倍になる感じで、

目がぱっちり見開かれます。

起きてるときの、目のぱっちり具合が、

脱皮前は著しく違います。

よく寝る

普段から一日中よく寝ている動物ですが、

脱皮前は特に寝ています。

シェルターを取り外して、

私が遊んでもらおうとしても、

すぐシェルターに戻るか、

隠れるところを見つけて入るか、

隠れられない時は、

体をどこかに接着させて、

寝始めます。

脱皮前は、

普段よりいっそう、よく寝ています。

<まめ知識>両生類・ハ虫類の脱皮は、体が大きくなるためではない

「成長して体が大きくなるために脱皮する」

と、私は何の疑いもなく思っていたのですが、

なんと、、、

両生類、ハ虫類の脱皮は、

単なる皮膚が新しくなるだけということで、

人の垢が剥けるのと同じ。

レンを飼ってからしばらくして、

教わりました。

思い込んでいたので、

ググることもしていなかったのですが、

レンのおとーさんから、

誤った認識でいることを指摘され知りました。

まだまだ知らないことばかりです。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。