ネコ科 サーバル観察 タンザニア・セレンゲティ国立公園 2020年2月7日 18時22分~33分

今回のタンザニアで、サーバル(キャット)に出会う機会がありました。

とても美しかった~。

すでに気づいているサファリカーが止まっていることで、

私たちも見ることができたパタン。

道を歩いているサーバルが、

草の中に一度入ったけど、また出てきて、

再度よく姿を見せてくれました。

車の方はほとんど気にせず、

道にある糞や

草の方の匂いをかいだり、

獲物を探していると感じました。

約10分の出会い。

今までで最も長いサーバルの観察となりました。

ネコ科の出会いは突然で、あっという間に終わることも多いですが、

今回は、しばらく見せてくれました。

本当にありがとう。

サーバルの歩みに合わせて、

サファリカーで付いていきましたが、

最後に少し、にらまれた気も。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。