イボイノシシの獲物を獲った後のヒョウに遭遇 タンザニア セレンゲティ国立公園 Leopard Serengeti National Park

イボイノシシの獲物を獲った後のヒョウに遭遇 タンザニア セレンゲティ国立公園 Leopard Serengeti National Park

樹上にいるヒョウの雄。

イボイノシシをハンティング後、

樹に載せて、既に食べ、

前脚をぺろぺろなめてきれいにしている時に私たちのサファリカーは到着。

樹の周りをサファリカーがぐるっと取り囲むようにいて、

かなりうるさかったはず。

多少気にしているのか、

体の向きをしょっちゅうよく変えていたけども、

それは、体の落ち着く場所を探していたのかもしれない。

ヒョウは、獲物を捕えたら、ほかの動物に奪われないよう樹の上に獲物を載せる。

インパラがよく載っているのをみていたが、

今回は、イボイノシシだった。

インパラより引き上げにくそうだけど、

しっかり樹の間に入っていた。

ヒョウ柄は、

本物のヒョウを見るようになって、

すてきだと思うようになったけど、

着る気にはなれない。

でも、梅鉢模様はかわいいし、カッコイイ。

大きな肉球で、大きなネコ。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan