10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

イボイノシシ(Wart Hog)の獲物を獲った後のヒョウ(Leopard)に遭遇 タンザニア(Tanzania) セレンゲティ国立公園 Leopard Serengeti National Park

イボイノシシ(Wart Hog)の獲物を獲った後のヒョウ(Leopard)に遭遇 タンザニア(Tanzania) セレンゲティ国立公園 Leopard Serengeti National Park

樹上にいるヒョウ(Leopard)の雄。

イボイノシシ(Wart Hog)をハンティング後、

樹に載せて、既に食べ、

前脚をぺろぺろなめてきれいにしている時に私たちのサファリカーは到着。

樹の周りをサファリカーがぐるっと取り囲むようにいて、

かなりうるさかったはず。

多少気にしているのか、

体の向きをしょっちゅうよく変えていたけども、

それは、体の落ち着く場所を探していたのかもしれない。

ヒョウは、獲物を捕えたら、ほかの動物に奪われないよう樹の上に獲物を載せる。

インパラがよく載っているのをみていたが、

今回は、イボイノシシだった。

インパラより引き上げにくそうだけど、

しっかり樹の間に入っていた。

ヒョウ柄は、

本物のヒョウを見るようになって、

すてきだと思うようになったけど、

着る気にはなれない。

でも、梅鉢模様はかわいいし、カッコイイ。

大きな肉球で、大きなネコ。