ライオン母と子 目線の先にあるもの ンゴロンゴロの夕刻

サファリ中に、

近距離で生きものと出会えるかどうかは、本当に運次第で、

わだち(轍)がある場所しか通っては行けないルールがある以上、

好き勝手な場所にはいって行けるわけではないので、

動く範囲はいつも限られているが、

いつも通るところでも、

突然のすばらしい出会いがある。

この時はライオンの親子との出会いだった。

子ライオン3頭がもうそれは真剣にじゃれ合っていて、

肉団子状態で、遊んでいた。

母親は少し離れた場所にいて、

時々、子ライオンの1匹が、からみに行っても、

あんた達で遊びなさいと言っているかのように、いなしてかまわず、

母に相手にされなかった子ライオンは、ほかの2匹のところに戻り、また3匹で戯れるみたいな感じで、3匹はじゃれていた。

時刻は夕方。

ンゴロンゴロ自然保護区での一般的なサファリは、

外輪山に囲まれたすり鉢状のクレーターの底でするのだが、

外輪山とクレーターは、700メートル近い高低差があり、

もちろん車での移動だが、

クレーターへ降りたり、クレータから登ったりするときは急勾配で危険なので、一方通行になっている。

そういうわけで、夕方にサファリをほぼ終え、ロッジに向かって帰る時はいつも同じ道、場所を通るのだが、

そんなロッジに帰る間際に、樹林帯の近くで、リラックスした親子に出会った。

常に見晴らしのいい場所にいるライオンだが、

親子連れ、母と子3頭の4頭だったせいなのか、普段ライオンを見かけないような、珍しい場所にいた。

見つけてすぐに、サファリカーのエンジンを止めて、私たちはライオン親子をゆっくり見ていた。

しばらくして、母ライオンが急に動き出し、周りをうかがっていた。

ゆっくりな動きだったが、明らかに何かを気にし始め、

それまでのリラックスモードは一変。

その雰囲気を察し、子ライオンたちも母の周りに集まってきた。

急にライオンの周りの空気が変わったかのように、

緊張感が走っているのが見て取れた。

何かが匂っているのか、見えるのかもしれないが、

私たちにはわからず、様子を見守っていた。

それほど長いことなくして、警戒態勢はとけ、

そして、その後、ライオン親子は、移動しはじめた。

哺乳類は表情がわかりやすいので、

緊張感最大の時、少し緩めた時、すっかり緩んでいる時などの顔つきがだいぶ違う。

ライオンの緊張感ある、凛々しい顔は、実はなかなか見られず、

今でもよく覚えている瞬間だ。

撮影日 2月上旬
撮影地 タンザニア ンゴロンゴロ自然保護区

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。