台風一過は、ヘビが出てくる見やすい日⁈ 2021年10月2日

台風が過ぎ去った翌日は、ちょうど定点観察の日で、

東京都にあるよく行く谷戸(やと)で、爬虫類と両生類を探した。

結論から言うと、いつもに比べ、すごくいろいろなものが出て、台風一過はすごかった、新しい発見!

2日間、雨が降っていたので、生きものたちはお腹も減っただろうし、体も乾かしたいだろうし、

いろいろ動きがあるだろうとは推測はしていたけども、想像以上で、

特筆すべきなのは、ヘビが、過去最高に、多種多数出ました!

アオダイショウ、ヤマカガシの幼体4匹、シマヘビ、ジムグリ。

午前中からお昼過ぎにかけての3時間程度の時間でしたが、日なたぼっこに外に出ていたようで、7匹も!

探してるから見えるだけで、決してわかりやすい場所にいたわけではありませんが、普段よりも身近にヘビを感じました。

シマヘビは、なんと水の中に頭だけ出して浮いていて、おぉ!という状況。

「あの枝、ヘビに見えるわね。」と前を歩くメンバーが言って、

ぱっと見て、自分もヘビに見えたので、双眼鏡で確認したら、本当にシマヘビで笑えました。

観察中は、様々なものが見たいものに見えてしまうというのが、観察者あるあるなのですが、

ヘビに似てる枝かと思ったものは、枝じゃなくて本当にヘビだったという訳です。

双眼鏡でちゃんと確認するの大事です。

シマヘビは、いるところにはいるのですが、この観察地では私は初めて見ましたし、

数年通っている人も初見だと喜んでいました。

個体数の少ない、レアな種にも出会えるチャンスをもたらしてくれた、台風一過でした。

ヘビの他にも、今まで確認できていなかった、アカハライモリの幼生も見つけ、メンバーが沸きました。

台風の後の観察地は、大雨のせいで水が増えぬかるみ、荒れてはいましたが、生きものはそれを受け入れあまり支障はないのかも、

翌日の晴天日は、恵みの太陽のエネルギーを浴びに、そして捕食活動のため出てくるのだと実感しました。

他にもこの日、ヒガシニホントカゲ、ニホンアカガエル、シュレーゲルアオガエルも観察しました。

それから、ガビチョウがコジュケイの鳴き真似をしてるのも初めて聴きました。

実りの多い、台風一過の観察会でした。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。