10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

コザクラインコ 野生で見られる場所は、アフリカのナミビア共和国

コザクラインコ 野生で見られる場所は、アフリカのナミビア共和国

こんにちは、自然の旅案内人、みきです!

本日、初めて訪れた場所、サイエンスカフェで、

鳥好きな方とお話出来て、

楽しい時間を過ごしました。

その時、皆さんに興味を持っていただいた話だったので、

ブログに書くことにしました。

鳥を好きな方、

圧倒的に飼っている方が多い。

オカメインコとセキセイインコのお話を聞きに行ったのですが、

懇親会に残った方は、

私以外、皆さん鳥を飼われていました。

うらやましい。

オカメインコ率が高く、

オーストラリアに見にいったという方もいらした。

やはり自分で飼っている鳥を野生で見るのは、

私だけでなく、みなさん格別のよう。

私は、以前コザクラインコを飼っていて、

ナミビアで初めて見た時には、

涙出そうになるくらいうれしかったという話をしていたら、

「コザクラインコ、野生で見たんですか?」と、

突如聞かれ、

「どこで?」という話になりました。

アフリカ大陸、

一番下の南アフリカの左上の国、

ナミビアに行ったら、

群れのコザクラインコにであるチャンスがあります。

小さいグループ、10羽程度の時もありましたが、

100羽以上の群れも見た事があります。

高い樹に鈴なりになっているのが、

全部、コザクラで、

何だか信じられない光景を見てしまったかのような気分でした。

ナミビアは、そうとう広い国ですが、

首都のウィントフックで、

着いた翌日に道路で見たこともありますし、

その先のオマルルという場所でも、観察しています。

どの鳥もそうかもしれませんが、

採餌している時が、観察しやすいですね。

コザクラインコは、

ナミビアではそれほど、レアな鳥ではありません。

とても多い鳥というわけではありませんが。

鳴き声が特徴的なので、

かつ、飛びながら鳴くことも多いので、

いてくれさえすれば、

わりに気づきやすい、探しやすい鳥ともいえます。

ナミビアは、

エトーシャ国立公園が大変有名で、

そこはライオンやゾウがいて、サファリが出来る場所ですが、

コザクラインコには、

エトーシャまで行ってしまうと出会ったことはないので、

乾燥しすぎているところは、

苦手なんではないかと推測。

コザクラインコだけに会いたいなら、

ウィンドフックからオマルルぐらいで十分かと。

ただ、

ナミビア、ウィントフックまで行くのが、

日本からだとちょっと大変。

例えば、

南アフリカ航空で、

成田-香港-ヨハネスブルグ-ウィントフック、

と最低3回は飛行機に乗らないと到着できません。

旅慣れないと、行くことが難しいと感じるかもしれません。

オーストラリアみたいに、

直行便で行けないのは心理的ハードルが高いでしょう。

でも、普段、レンタカーを運転して、

海外で鳥を探しているような人であれば、

飛行機を乗り継いてナミビアに行って、

探鳥地で探していたら、

見つけられるのではと思います。

関連記事はこちらです、その1その2