コザクラインコ 野生で見られる場所は、アフリカのナミビア共和国

こんにちは、自然の旅案内人、みきです!

本日、初めて訪れた場所、サイエンスカフェで、

鳥好きな方とお話出来て、

楽しい時間を過ごしました。

その時、皆さんに興味を持っていただいた話だったので、

ブログに書くことにしました。

鳥を好きな方、

圧倒的に飼っている方が多い。

オカメインコとセキセイインコのお話を聞きに行ったのですが、

懇親会に残った方は、

私以外、皆さん鳥を飼われていました。

うらやましい。

オカメインコ率が高く、

オーストラリアに見にいったという方もいらした。

やはり自分で飼っている鳥を野生で見るのは、

私だけでなく、みなさん格別のよう。

私は、以前コザクラインコを飼っていて、

ナミビアで初めて見た時には、

涙出そうになるくらいうれしかったという話をしていたら、

「コザクラインコ、野生で見たんですか?」と、

突如聞かれ、

「どこで?」という話になりました。

アフリカ大陸、

一番下の南アフリカの左上の国、

ナミビアに行ったら、

群れのコザクラインコにであるチャンスがあります。

小さいグループ、10羽程度の時もありましたが、

100羽以上の群れも見た事があります。

高い樹に鈴なりになっているのが、

全部、コザクラで、

何だか信じられない光景を見てしまったかのような気分でした。

ナミビアは、そうとう広い国ですが、

首都のウィントフックで、

着いた翌日に道路で見たこともありますし、

その先のオマルルという場所でも、観察しています。

どの鳥もそうかもしれませんが、

採餌している時が、観察しやすいですね。

コザクラインコは、

ナミビアではそれほど、レアな鳥ではありません。

とても多い鳥というわけではありませんが。

鳴き声が特徴的なので、

かつ、飛びながら鳴くことも多いので、

いてくれさえすれば、

わりに気づきやすい、探しやすい鳥ともいえます。

ナミビアは、

エトーシャ国立公園が大変有名で、

そこはライオンやゾウがいて、サファリが出来る場所ですが、

コザクラインコには、

エトーシャまで行ってしまうと出会ったことはないので、

乾燥しすぎているところは、

苦手なんではないかと推測。

コザクラインコだけに会いたいなら、

ウィンドフックからオマルルぐらいで十分かと。

ただ、

ナミビア、ウィントフックまで行くのが、

日本からだとちょっと大変。

例えば、

南アフリカ航空で、

成田-香港-ヨハネスブルグ-ウィントフック、

と最低3回は飛行機に乗らないと到着できません。

旅慣れないと、行くことが難しいと感じるかもしれません。

オーストラリアみたいに、

直行便で行けないのは心理的ハードルが高いでしょう。

でも、普段、レンタカーを運転して、

海外で鳥を探しているような人であれば、

飛行機を乗り継いてナミビアに行って、

探鳥地で探していたら、

見つけられるのではと思います。

関連記事はこちらです、その1その2

野生のコザクラインコを見にいきたい!

と本気で思っている方は、こちらを読んでご連絡ください。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。