野生のコザクラインコに出会う旅 興味のある方 ご連絡ください!

コザクラインコを愛してやまない方がたくさんいらっしゃって、

私のブログの自然ネタの中では、よく読まれている投稿のひとつです。

お問い合わせから直接メールをくださる方も、

コザクラインコLoverな方からのメールが一番多いです。

しばらく、海外渡航には行けそうもないので、

もし行けるようになったら、

「野生のコザクラインコに会いにいく旅」を

本気で企画してみようかなという気になりました。

現状を考えたら、

海外旅行の計画をたてても仕方はありませんが、

妄想するのは勝手だよなと。

いつも期間や、料金、それから様々な制約の中、

スケジュールを立てるのですが、

妄想の旅ならば、

そんな概念はいったんとっぱらって、

自分がこれが最高!と思う旅を企画できる。

そして、目的に合わせて、

後からカスタマイズすればいい。

そんなことをつらつら考えていて、

最初に「ナミビアにコザクラインコに出会いに行く旅」から着手しようかと。

今後、海外に鳥を見にいく、サファリに行くというような行為は

以前ほど簡単には出来ないだろうから、

「心から行きたい!」

という方をご案内したいと考えている。

料金や期間の提示がないと、

まったく考えられないよ、

という声はあるかと思いますが、

本当に、もしあったら、どのくらいの方が行きたいのか知りたいです。

ナミビアなので、決して安くはありません。

片道1日以上はかかるので、

そして、もっとも観察しやすい宿が高級ロッジの為、

最低でも50万以上、

あとは、

フライト、日数、

最終的には、参加人数次第です。

現状、飛行機も飛ばず、今後大きく状況が変わりそうで

試算が出来ないので、

具体的なご提案をできるのはいつになるかは全くわかりませんが、

ぜひ、行ってみたい!

興味あります!

という方は、

お問い合わせから、

ぜひメールください。

少し集まったら、

まずは、コザクラインコを見にいきたい方とZOOMでつながるというのもいいかなぁ~と考えています。

そしたら、具体的に話も伺えるし、

ぜひご連絡お待ちしています。

ヤシの細い葉にバランスよくとまるコザクラインコ。ヤシは好きなのかも。アリゾナで見た時、ヤシに営巣してました。

いま、そんなことを考えています。

☆キャッチの写真 ナミビア、ウィントフックで、地面の石を小さな群れで食べていたコザクラインコ。

飼っていた時に嘴をしごくような動作を観察していたのですが、ヤシの葉を使って同じようにしているのを見て、そのことを急に思い出しました。
餌と共に、砕かれたミネラルも与えていましたが、野生で食べているのを観察できました。必要な鉱物が取れるならこのポイントは狙い目ですね。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。