【今週の1枚】大きく肉厚な爬虫類 テグー Argentine Black and White Tegu

ブラジルのパンタナールで初めて遭遇し、

一度で魅了された爬虫類。

大きめのトカゲは、

アジア、アフリカで見るミズオオトカゲの仲間のイメージが、

私の基本だったので、

100センチはゆうに超えるだろうそのムチムチな体に、ただただ圧倒される。

そして、

こんな大きなトカゲがそれほどレアな訳でなく、

滞在中に何度か遭遇した。

むこうも人をあまり気にしていなかった。

こちらに気づいても、

ゆっくり、その場を立ち去るぐらいで、

急いではいなかった。

ブラジル・パンタナールは、

食べるものが豊富だから、

こういう大型トカゲも生活しやすいだろうと容易に推測できる。

ワニの仲間、パラグアイカイマンも、

ふと気付くと、

自分の立っている場所からそれほど遠くない水の中で

目と顔の一部を出していて、

これってむこうがその気になったらまずい気がすると気付き、

「鳥に気を取られて、水場に不用意に近づくのは危険ですよ。よくみてくださいね。」とすぐに伝えた。 

パンタナールは、

カイマンだけでなく、

ちょっとした先が水場というか沼地になっているので、

そもそも足元をよくみて歩かないと水没の危険はある。

いま、爬虫類熱が高い自分、

こういう大型爬虫類を飼っている人もいるのを知るようになり、

ネットで調べてみたが、

割りにスマートな個体が多い。

パンタナールで見たテグーは、

食糧事情もよく、

よく動き、

より筋肉質になるのだろうか。

こんな大型のトカゲが生息できるよう、

パンタナールの環境が

いつまでもそうあって欲しいと切に願う。

観光業が生み出すお金で、

「保全」という方向性をパンタナールの牧場主は選択していると

ナショナルジオグラフィック誌で読んだが、

コロナが長引くと、どうなるかわからないだろう。

いまは、そんなところばかりだが、

行けるようになったら、行きたい人をまたご案内したい。

いつまでも、好きな人と自然豊かな場所をつなげていきたいと思う。

そうして、そういう場所にお金が回せるようにしたい。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。