10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

プラセンタ 胎盤を食べる キンイロジャッカル Golden Jackal ンゴロンゴロ自然保護区で観察 Ngorongoro Conservation Area

プラセンタ 胎盤を食べる キンイロジャッカル Golden Jackal ンゴロンゴロ自然保護区で観察 Ngorongoro Conservation Area

肉食動物のジャッカル(Golden Jackal)。

毎年、この動物にはかなり、生々しいシーンを見せてもらうが、

2019年も激しかった。

かなり直前に獲ってきたものを

親が子に渡し、食べていた。

親の顔に付く血液はまだ乾いていない。

子どもも、すぐさま食べ始めたが、

何か引っ張って食べにくそうな、

噛み切りにくい様子。

気になって、

ドライバーガイドに聞いたら、

「プラセンタ(Placenta)!」と。

そう、胎盤です。

美容世界で、使われるようになって

英単語としても一般的になった言葉な気がするPlacentaです。

私、子どもを産んだ時に、

自分の胎盤をお願いして見せてもらいましたが、

それに似ている、そりゃそうです。

それほど、鮮血ほとばしった感じではなかったですが。

2月はヌーの出産シーズンで、たぶんヌーの胎盤だろうとのこと。

いまひとつ、食べた甲斐がない肉な気がするが、

栄養価は高いのだろうか。

この季節は、

プラセンタは探そうと思ったら、たくさんあるから、

きっとたくさん食べているに違いない。