2/24(日)イベント開催「自然の旅 お茶会」ブログに書けない裏話&タンザニアのサファリと世界の自然の旅話

世界各地の自然豊かな秘境を訪れ、動植物を探し、山や氷河やオーロラなどを見る「自然の旅」をご案内し続け20年。ブログには書けないウラ話、私がベストワンだと考えるアフリカ・タンザニアのサファリの行き方をはじめ世界中の自然の旅話、そして旅へのあなたの疑問にお答えするイベント。

  • 開催日時:2月24日(日)15:00~17:30(14時45分開場)
  • 定員:8名
  • 場所:浅草橋駅徒歩2分
  • 参加費:2,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

タンザニアの鳥 クロコサギ Black Egret マニヤラ湖国立公園 Manyara National Park で観察

タンザニアの鳥 クロコサギ Black Egret マニヤラ湖国立公園 Manyara National Park で観察

不思議な採餌方法をするサギ、

クロコサギ。

今回、雨が既に多く降り、

どこもかしこも水が多くて、

公園に普段はない、広大な水場が出来ていた。

そこで初めてクロコサギに出会えました。

しかも、たくさん、近距離で。

黒いコサギなんですが、

羽をぱっと広げて、

日陰を作り、

水中の魚を見易くして、

獲るという方法をしている、

不思議な鳥。

遠くからでもその姿は見つけやすい。

黒いせいで、昼間は暑いから、

朝と夕方しかこの採餌方法が出来ないと、

NHKの動物番組、ダーウィンが来たで、先日放送されていた鳥ですが、

実際に近距離で見えて、

ワクワクしました。

黒いお椀のような体になりますが、

尾羽もしっかりわかったし、

ほかの大型の鳥にぶつかられても、

気にせず羽を広げて、がんばってるのも確認しました。

羽を広げているうちに食べてしまうせいなのか、

魚を捕えている姿は見えなかったのですが、

お椀を何度も何度も作って、

魚とりしている様子はうかがえました。

鳥をただ見るよりというより、

こういう生態が面白いなぁと思います。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://5miki.jp/plan