10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

ホオアカオナガゴシキドリ Red and yellow Barbet タランギレ国立公園 Tarangire National Park で観察

ホオアカオナガゴシキドリ Red and yellow Barbet  タランギレ国立公園 Tarangire National Park で観察

鳥の図鑑の表紙を飾る鳥で、

鳥やさんなら見たい鳥。

マニヤラ湖国立公園(Lake Manyara National Park)のキャンプサイトでは、

ランチの時間に行けば、

例年観察できていたけど、今年はそこにいなかった。

今年は、タランギレ国立公園(Tarangire National Park)で初めて観察。

シロアリのアリ塚(anthill)にへばりつくゴシキドリ(Red and yellow Barbet)を見た。

ほじっていたので、シロアリを食べていたのだろう。

サファリカーから数メートル。

日暮れも迫り、

宿への道を急いでいる時に、

いったん追い抜かして、

ドライバーガイドが気づいて戻ってくれた。

彼らの視力はすさまじいとしか言えない。

走りながら体長23センチ程度の鳥を見つけるんだから。

しかも、彼の座っているのと反対側の低い場所にいた鳥を。

かなりのスピードをだしていたので、

全く気付かなかった私。

写真のホオアカオナガゴシキドリ(Red and yellow Barbet)よりも、

ゴマフオナガゴシキドリ(D’Arnaud’s Barbet)のほうが、見やすい。

ホオアカオナガゴシキドリ(Red and yellow Barbet)が見られたら、ラッキーだ。