コブガモ Knob-billed Duck タンザニア・タランギーレ国立公園 2020年2月4日観察

名前の通り、コブがついているカモ。

コブがあるのは雄だけで、

しかも繁殖期だけ。

でも、こんなにきれいに大きなコブになっているコブガモを見たのは初めてで、

しかもかなりの近距離。

光も当たり、

とても美しかった。

雄雌ならんで羽繕い中でいくらでも見せてくれるという、

絶好のタイミングに今回恵まれた。

キラキラしてました。

詳しい鳥図鑑をみると、

繁殖期は、9月~4月、

8ヵ月間と比較的長かった。

そのうち、ピーク期は1、2月だから、

今までにももっと出会えるチャンスがあってもよかっただろうに。

雌には、コブはない。

雄のコブも繁殖期以外は、かなり小さくなる。

コブといっても、嘴の上から丸く大きく膨らむ感じ。

さわったら、柔らかいことはなさそうだけど、

ものすごく堅そうな感じはしなかった。

質感まで感じられる距離感で出会えて、

コブガモの美しさを知って幸せでした。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。