イベント開催のご案内 2月28日(水)

サファリに行きたい方、アフリカに行きたいけど、どうしていいかわからない方、ぜひ一度お話を聞きに来てください! あなたの疑問にお答えするイベントです。
  • 開催日時: 2月28日(水)19:00~21:00(18時30分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

ブログ写真集 タンザニア速報版 サーバルキャット

ブログ写真集 タンザニア速報版 サーバルキャット

2018年1月30日、サーバルキャットにセレンゲティ国立公園で出会いました。

車道を向こう側から歩いてきました。

道路を野生動物も移動時に使う事は知っていますが、

ライオンを除いたネコ科の動物が、実際にかなりの距離を歩いてやってくるのを見るのは初めてです。

思わず声を上げそうになりましたが、ドライバーに先に、シー!!っと言われ、冷静に。

10メートル以上歩き、茂みの中を眺め、そして中に飛んで入っていきました。

すごい跳躍力と思いました。

サーバルキャットが真剣に狩りをしていました。

というわけで、こちらが見ていることは全く気にしておらず。

そして、その光景を見ているのも、私たちのグループのサファリカー2台のメンバーだけで、静かでした。

しばらくしてネズミをくわえているのが草原の中に見えました。

この時期は草丈が長いので、少し草丈が短い場所にサーバルキャットが出てくれないと、全く見えません。

草の動きで探そうと思いましたが、風で草が揺れるので全く分かりませんでした。

時々、耳や背中が見えれば追えるのですが、意外に移動は早くて、もうそんなところに行ったのか!という感じで、一度見失うと追えなくなります。

そうすると、次にどこに出てくるのかが予想できません。

海の中のクジラと同じと気づきました。

出来ることといったら、サファリカーの中で出来るだけ高いところに位置し、

探し続けることくらいです。

私は、いつも助手席に座っています。

サファリカーの構造上、運転席と助手席は少し低くなっています。

でも、屋根は開けられます。

イスを踏み台にして、その屋根の上に体を出してしまいます。

そうすれば、誰よりも高い位置に出る事ができます。

滅多なことではやりませんが。

今回は、そうしたら、見つけられました。

そうやって見ることのできた、サーバルキャットです。

今までに、アルーシャ国立公園、ンゴロンゴロ自然保護区では観察したことはありますが、

こんな風によく動き、活動的な様子を見たのは初めてでした。

感動しました。

出てきてくれて、ありがとう。

Category :