中米パナマ 初探鳥の旅 1日目

アエロメヒコ航空利用で、

成田空港出発遅延で、

経由地での乗り継ぎミスしそうなトラブルに遭いそうでしたが、

早着したおかげで、難を逃れ、

予定通りのスケジュールで、

パナマ1日目を迎えられました。

パナマ1日目の朝 空気が違う

先月行ってたボルネオ島も熱帯雨林、

今回のパナマも熱帯雨林。

でも、早朝窓を開けた感じで、

あ、気候が全然違うとすぐ感じました。

湿度が高い。

早朝なのにすでに、生ぬるい空気感。

肌で感じる、自分の湿度センサーが働きました。

今日撮影できた鳥

朝7時過ぎにホテルを出て、

ホテルの敷地内で既にたくさんの鳥がいました。

敷地内を出るのに40分くらい探鳥を楽しみました。

隣国コスタリカに似た鳥も多いですが、

次々に出てくるし、

ホテルの敷地は見通しがいいから観察撮影しやすいし、

鳥との距離も近い。

ホテルでの鳥見(とりみ、と読みます。字の通り、鳥を見ること、バードウォッチングのことです)は、言うことなしです。

午前中、

日差しはきついけど、

日陰に行きたくなるけど、

日差しそのものは、

殺人的ではありません。

でも、湿度がしっかりあって暑い。

でもいい鳥見た時は、

忘れます。


1日目に見た鳥を少しご紹介。

このブログはスマホで書いてて、

やり方がわからなくて、

キャプションが入れられないので、

鳥の名前はまた別の機会に。

時差ボケで、朝の2時半に目が覚めて、

色々してたら、

5時半をまわり鳥が鳴き出してきましたので、

本当に起きます。

皆さん、どうぞよい一日を!

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。