パパ活 取り締まり 「親子だって~!!」と警察官

まるまる1週間、

家をあけて、

中米のパナマから戻りました。

帰宅後、聞いた話は、

かつてなく、おかしい出来事でした。

職務質問

平日に、

いきなりステーキに食事に行こうと、

池袋駅で待ち合わせして

夫と娘が歩いていたら、

パトカーがすっと横に停まって、

出てきた警察官に行く手をとめられ、

職務質問されたそうです。

「親子ですか?」と。

夫「そうです。」

警察官1「目元が似てますね。」

で、終わったそうで、

警察官1が、

警察官2に

「親子だって~!」と

指でOKサインを見せて、

パトカーに戻って行ったそうです。

パパ活とは?

「パパ活」って言葉、

私も、去年娘から初めて知ってびっくりしましたのですが、

要は、

スマホのマッチングアプリで、

お金のない若い女の子が、

お金のある男性と知り合い、

美味しい食事を一緒にしたり、

欲しいものを買ってもらったりする、

事らしいのですが、

それと間違われたらしいのです。

娘は、

パトカーが横に来た時に

パパ活の取り締まりだろうと、

すぐ感じたそうですが、

夫は何もわからず、

少しムッとしていたと。

その後、娘が教えたそうですが。

警察官の方ごくろうさまです

「池袋駅で19時頃だったし、

もう少し遅い時間だと、

他のことで忙しくなるけど、

早い時間だったからじゃないかな。」

と娘。

パパ活が、

そんなに日常的で、

取り締まりされていることなんだぁ~と

初めて知ったので、

書いてしまいました。

大変ですね、警察官のかた。

娘は、

「目元は似てないのになぁ~。」と

そこ?

って感じのことを言ってましたが(笑)

祖父との買い物と「パパ活」

私が「パパ活」の言葉を知ったのは、

娘が自分の父と買い物をして、

「おじいちゃん、すっごく楽しそうだったよ。」と聞いた際に、

おしえてもらったのでした。

父は、

ザ・昭和のような、

いえ、どちらかというともっと古風なタイプで、

私はデパートに買い物に行ったりしたことは無く、

娘から、

「イヤリングを選んでもらったんだ。」

「超ニコニコだったよ~。」

なんて聞かされて、

まったく信じられないと思ったのと、

「おじいちゃんに、あんまりおねだりしたら駄目よ。」

みたいな話をしていたら、

詳細は忘れましたが、

「パパ活」みたいなもんだよねという話になり、

「知っている人(身内)と楽しい時間を過ごすか、

知らない人と楽しい時間を過ごすかだけの違い。

どっちもハッピーならいいじゃない。

危ないことになるかもしれないことは

やってる人は、わかってるよ~。

本当に、食事だけかもしれないじゃん」と、

あっけらかんと言われて、

やらないとは思いましたが、

怖くなって、ひと言、釘はさしました。

学校の先生から、

「今の時代についてきてくださいね。

スマホにしても、

なんにしても、

親がまったく理解できないと本当に困ったことになりますから。」

と言われたのを思い出しました。

ひとこと

身分証明書も見ず、

口頭だけで、確認を取った警察官、

「親子だって~!」

を親子の目の前で言うんだと、

私はその方が、若干気になりましたが、

「失礼じゃないか!」

と怒る人もいるだろうと。

それにしても、

平和な日本的な出来事だなぁと、

思ったのでした。

久々に海外に行って、

いろいろピリッとしてきたばかりかもしれませんが。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。