2021年丑年 謹賀新年 本年もよろしくお願いします

皆さんのご健康を心からお祈り申し上げます 2021年 令和3年丑年 元旦

どうかお元気でお過ごしください!

写真は、ナミビアのオリックス(Kalahari Gemsbok)で、もちろん、ウシ科です。

元旦の午後、

ウシ科の図鑑を手にとり、最初から最後まで一枚ずつめくって見る。

鳥ではよくやるけど、ウシ科の図鑑では初めて。

見開きに1種の説明なので、664ページの厚い図鑑で、

279種の記載。

世界のウシ科の種数が279種。

そして、写真のオリックスは7種もいる。

中東にはもっと白いというか、白がベースのオリックスがいる。

砂漠にサファリに行った方が撮影したのを見てあるとき知ったが、

自分もデザートサファリして見てみたい。

アフリカでサファリをしたら、

ウシ科の動物を見ることは多い。

シカのイメージを持たれている動物は大抵ウシ科。

興味のある方は、

電子書籍があったので、

見てみるといいかも。

オリックス(Kalahari Gemsbok)
撮影地:ナミビア・エトーシャ国立公園

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。