【レン日記】クリスマスの朝 脱皮2回目を観察

クリスマスの朝、

レンが朝から珍しく一声鳴いて、

そのあと、カリカリ音がするのでシェルターの中をのぞいたら脱皮を始めていて、

クリスマスプレゼントのごとく、

2回目の脱皮観察ができました!

前回の脱皮観察は、

9月11日で、

今回より皮が剥ける前から観察をはじめ、

時間的に朝8時にスタートし、40分ほどであっという間に終わりました。

が、今回は、最終的に2倍以上の100分程かかりました。

40分が過ぎたころ、

前回と違って、

あまりに進まない脱皮に、

現在の環境が彼にとって乾燥しすぎているのかもしれない?

このままだと脱皮がうまくできないかもしれない、

とどんどん不安になってきて、

手を出すことに躊躇してたけど、

手伝うことを決心。

具体的にしたことは、

水をかけたり、

剥けた皮の先を持ち上げて、

彼が剥きやすくなりそうな方向にもっていくとか。

後脚の左右の親指が最終的に剥けなかったので、

最後にこすって剥いてあげました。

彼は、手伝われているのは、

わかっていたようで、

私がもっているのと逆方向に、

彼がひっぱって剥いていきました。

2人の共同作業の脱皮になりましたが、

なんだか、難産を見守る母の気分になりました。

脱皮の前日、クリスマスイブの日に、

クリスマスの飾りと一緒にレンを撮影したくて起きるのを待っていたのですが、

この日はシェルターから出てこず、

脱皮前日は、

体力温存してよく寝ているのかもしれない。

前回は、映像を編集してYouTubeでアップしましたが、

今回は写真をたくさんアップ。


この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。