【今週の1枚】マダガスカル 本当に青い鳥 ルリイロマダガスカルモズ Madagascar Blue Vanga

マダガスカルからの写真が続きますが、

新年を迎えるにあたり、

験担ぎで、青い鳥を選択。

この鳥、6回目の島訪問の際にやっとしっかり観察、そして運よく撮影できました。

実や花を食べていて(蜜を吸っていたかも)、

動きながらもこちらを気にせず、しばらくチョロチョロと動いてくれました。

こんな美しい青い鳥、しかも固有種なのに、

なかなか見る機会、縁がなかったのは理由があって、、

図鑑の絵で見る分には、それほど目を引く鳥でなく、

特に古い図鑑だと全く魅力的でなく描かれていて、

見たいと思ってなかったので、

バードガイドにリクエストしていなかったのもあるし、

脳味噌に認識されていない鳥だったから、

チラッと見る機会があった時も、スルーしたのだろうと思う。

脳生理学的には、しっかり予習した方が、

初めてみる動物は見つけやすい。

マダガスカルは、島の大きさ日本の1.6倍のサイズの割には

鳥の種数はそれほど多くなく300種弱。

どんどん種数が増えていく傾向なので最初に知ったときは256種だったけど今はそのくらいか。

マダガスカルにしかいない科もあり、

固有種も多く予習しやすいし、

色やくちばしの形が変わっていて

見た目が派手な鳥も多いので、

鳥を見ることが楽しい国。

ただ、森の中で鳥を見るのは簡単でないから、場所を選ばないと初めての人には難しい場所。

あるとき、道路脇のあいたスペースに座って、森に向かってランチをとっていたら、

この鳥が目の前の木に一度とまって、

びゅっと横切って飛んでいった。

ぼーっとサンドウィッチを食べていて、鳥に焦点がほとんど合わず、

光に照らされ輝いた青いかたまりにしか見えなくて、

こんな鳥いたっけ?

と出会ったのが最初の出会い。

ブルーは好きな色だけど、

この鳥の青さは一段と美しく、

自然光の中で美しく見えた。

この写真を撮影して以来、

私の中での青い鳥のイメージはこれになった。

「青い鳥」は近くにいるんだろうけど、

この青い鳥にもう一度会いに行きたい。

撮影日 2018年11月9日
撮影場所 マダガスカル アンダシベーマンタディア国立公園近く


古い図鑑


新しい図鑑

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。