10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

マダガスカルの尾の長い鳥 マダガスカルサンコウチョウ Madagascar Paradaise Flycatcher

マダガスカルの尾の長い鳥 マダガスカルサンコウチョウ Madagascar Paradaise Flycatcher

マダガスカルの鳥編もあと少しでいったんおしまいの予定。

タイトルに尾の長い鳥と書いたけど、

写真の鳥は短いじゃん!と思った方へ、

正解です。

トップの写真の子は、雌で尾が短いです。

雄しか長くありません。

ただ、長い尾はちぎれることがありますし、

のびている最中ということもあるので、

尾の短い雄、

というのも存在します。

日本の図鑑にもサンコウチョウは載っているし、

人気な鳥なので、知っている方も多いでしょう。

そのサンコウチョウのマダガスカル版といったところでしょうか、

かなり乱暴ないい方ですが。

英語の名前、

パラダイス フライキャッチャー、

っていう名前がいいですよね。

初めてその名前を知った時、

パラダイスかぁ~と、

訳もなく嬉しくなったのを覚えています。

そして、この鳥、

白色型もいまして、

白い方は、かなり目立ちます。

白いタイプは、

かなり視認性もよく、

鳥の動きのスピードに慣れれば、見やすいです。

この鳥、基本、

よく動いて、じっとしていないので、

見難いのですが、

マダガスカルのは、他のどこで見るよりも、

おっとりしている気がします。

このマダガスカルサンコウチョウの数、

思いのほか多いようで、

今回も度々見る機会がありました。

他の鳥が出ている時に、

出てきたりして、

スルーされたりするくらいでしたから、

今回の旅では、なかなか、密度濃い出現でした。