マダガスカルの森を歩く鳥 ムナジロクイナモドキ White-breasted Mesite ホワイト ブレスティッド ミザイト

マダガスカルの鳥の紹介はこれでいったん終わり。

最後に、とっても地味な子を紹介。

固有種で、すごく、狭いエリアに生息するクイナモドキの仲間。

乾燥した森の林床を、

歩きながら、

採食する鳥。

メスアカクイナモドキという別の種を、

今までイファーティで見ていたけども、

営巣中か、

早朝のまだ樹の上にじっとしている時だったので、

歩いているのは初めて見ました。

全長30㎝くらいの鳥ですが、

ペアか家族で、いつも遭遇。

森の中を歩いているときは、

見えるというか、いるのがわかる程度。

のぞきみのような雰囲気でしか見られない。

人が歩く道を彼らが渡るほんの短い時間、

オープンな時に出てきたときが、

観察・撮影しやすいのですが、

むこうも警戒していて、

サ~といってしまう。

ペアでなく、家族の時は、

みんなが一度には渡らないので、

何度かチャンスがあり、

ちょっと立ち止まってくれる子もいる。

マダガスカルの森の中での鳥の撮影は、

ほかよりも難しい。

ヤブヤブしているという言葉は通じないかもしれませんが、

枝が四方八方から出ていて、

葉もあるし、

かつ乾燥地は、

乾燥に対応してトゲ植物が多いので、

オートでピントが合いにくい。

他のものにあってしまう。

いつもなら、ピンがくるのに何故??という事が多発します。

マダガスカルでの動物の撮影は

意外に撮りにくいです。

そんな時は、

手であわせるしかない。

鳥が動く前に合わせられるかどうか、

ドキドキする。

合わせられない時も多いけど、

闇雲に撮っても、写せないから、

はやる気持ちをおさえて、

手動でピントを合わせて撮る。

私は、普段は、オートで全て撮っていますが、

ピントがこないようなときは切り替えて撮影しています。

この鳥、色味は茶系で地味ですが、

頭や胸の模様が、よく見ると素敵です。

茶色で特徴があまりなく、識別が難しい鳥は苦手ですが、

ただの好みではありますが、こういう感じの鳥は好きなので、

地味ではありますが、最後に選んでみました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。