マダガスカルの動物 キツネザルの仲間 インドリ 最も大きな体と声を持つ ★声が聴けます 

マダガスカルの動物 キツネザルの仲間 インドリ 最も大きな体と声を持つ ★声が聴けます 

こんにちは、自然の旅の案内人、みきです!

マダガスカルの動物、最大のキツネザル、インドリを紹介します。

「インドリ」という名前ですが、鳥ではありません。

サルの仲間です。

「バンケン」という、

名前の鳥がいて、音で聞くと、

犬だと思ってしまいますが、

鳥です。

同じように、耳だけで聞くと、このインドリも、まぎらわしい名前で、

目の前のサルを見て、

「え? これ鳥じゃないでしょ! サルでしょう!」

ということが本当に森の中で起こります。

このサル、

生息地が限られているので、

見やすいといえば見やすいのですが、

ぴょんぴょんと、樹々を跳び、移動していくので、

少しじっとしていてくれないと、よく見れないこともあります。

でも、現存しているキツネザルの中で、

体は最も大きいし、白と黒のカラーは視認性は高いです。

また、鳴き声も特徴的です。

朝、縄張り宣言をするのですが、大変大きな声で鳴きます。

こんな感じです。

部屋の窓を開けて録音しました。

今回、3日間、毎朝聞きましたが、

毎日、鳴く時間、場所、長さが等の条件が異なりました。

いくつかのグループが生息しているというので、

声が聞こえていたグループも毎回違っていたかもしれません。

朝から雨が降った日は、6時になってやっと鳴きはじめたので、

天気にもよるんだろうなぁと推測。

かなりのボリュームなので、

近くで鳴かれると、目がいっぺんに覚めます。

人からの餌を食べないので、

飼育ができず、

アンタナナリボにあるチンバザサ動物園やレミュール(キツネザル)パークには、

ワオキツネザル、ブラウンキツネザルなど、多種のキツネザルが飼われていますが、

インドリはそういったところでは見られない種で、

森の中に会いに行かないと、見ることができないキツネザルです。