エクアドル アンデスとアマゾン 探鳥の旅から帰国しました

南米エクアドル、

ガラパゴスの名の方が有名な国に行ってきました。

アメリカン航空の利用でしたが、

行きにダラスでハリケーン、

帰りにキト周辺の火山噴火、

の自然災害に見舞われ、

往復共に予定通りに飛行機が飛ばない

というハプニングが連続した移動を余儀なくされました。

エクアドル現地では、

低地のアマゾン川と

高地のアンデスの2つのエリアで、

バードウオッチングをして来ました。

鳥をたくさん見たのですが、

アマゾン川支流での手漕ぎカヌーによる水の音、

熱帯雲霧林の湿度感、

標高3,400メートルを超える高地の空の青さと苦しさ、

久々に南米パタゴニアで見ていた植物との再会、

30種近いハチドリとの濃密な時間などが特に印象的でした。

往復のフライトのトラブルにも関わらず、

エクアドルでの素晴らしい観察時間を過ごし、

無事に帰国出来たこと、

すべての関係者に感謝します。

特に、

予期せぬことが

本当に連続して発生したにも関わらず、

最後まで穏やかに対応してくださった

参加者の皆さんに最大限の感謝です。

たくさん助けていただき、

支えていただきました。

トラブル時に、

切れる方もいらっしゃるのですが、

最後まで皆さん明るく、

こちらを気づかってくださり、

旅にも、人生にも経験豊富で、

懐の深さを感じました。

自分もそうありたいです。

ありがとうございました。

22年の旅の経験の中、

ワースト記録を塗り替えた今回の模様は

おってお伝えします。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。