10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

エクアドルのお土産 木彫りのアルマジロとカサドリ

エクアドルのお土産 木彫りのアルマジロとカサドリ

手作りの品は大好きなお土産品です。

すぐ目にとまります。

そして、だいだい、連れて帰ってきます。

木彫りの動物

動物好きで、

手芸が好きだったので、

手作りの品を見つけるのが早いです。

今回はランチで入ったお店で、すぐに気づきました。

アルマジロと鳥の木彫り。

鳥はナガエカサドリと言う名の鳥。

ただのカサドリは今回よく見れたのですが、

それと似たような種類です。
いつか見れますようにの願いも込めて、

いいなぁと欲しいなぁと、

食事をする前から気になっていました。

作成者の家に行く

結局、お買い上げしたら、

ほかにも欲しい方もいて、

作った人が近くにいるよと教えてもらい、

食後に立ち寄ることに。

ほかの鳥や動物もいないか淡い期待。

エクアドル人の民家訪問

突然少しだけ町外れのお家を訪ねて車を止めて聞く。

テレビ番組でこんなのあったよなという状態に。

でも、すぐに目的地は見つかり、みんなで木工所におしかける。

半分野外で、半分建物の自宅。

滅多に見る機会はないので、

彼の作品も興味があったけど、

おうち見学が楽しかった。

アルマジロが3匹買われ、

作成者も家族も嬉しそう。

みんなで記念撮影して帰ってきた。

修理

耳が繊細な作りなので、

帰国時に壊れないか心配でしたが、

やっぱり、取れてしまい、

しばらく耳のないアルマジロでしたが、

やっと木工用ボンドを買ってくっつけました。

耳だけでなく、足も1つ割れてしまいました。

エクアドルからの帰りのフライトも、

スムーズに帰れなかったので、

スーツケースのアルマジロも災難でした。

参加者から頂いたワイン用のプチプチに包み、

さらに着替えの中に詰めたのですが、

反対側の望遠鏡や三脚の固いところに当たったのかもしれません。

でも、ようやく耳が復活したので、

紹介します。

値段

アルマジロが25ドル、

鳥が15ドルです。

エクアドルは、自国の通貨は無く、

アメリカドルが、

正式な通貨です。

手作り品の品質

ざっくりな印象ですが、

手作りの品でいいものにあう機会が減りました。

品質が落ちているというか、

手できっちり刺繍をしていたものが、

ミシンになったり、

かなり適当になっていたりと、

残念なものを目にする機会が増えました。

買い叩かれたせいもあるかもしれません。

なので、

いいなぁと思ったものは、

その値段でも欲しいと思ったら買うし、

気持ちよくお金を払いたいなぁと思っています。