フィールド記録 8月 モリアオガエルとヤマアカガエル

月に一回、同じフィールドを散策してます。

8月は、暑くて夏枯れ中かと思いきや、

尾の青い幼体のニホントカゲ、

体勢が凄くて感心したオオシオカラトンボの交接、

水かきの無い小さなカエル、シュレーゲルアオガエル、

どうしたことか、

今は出てこないはずの会えてうれしい

ムッチリとした体型の水かき発達したモリアオガエルの成体、

黒地に白い部分がある蝶、モンキアゲハ、

泳ぐニホンアカガエルの幼体、

おおっと!思ったのは、

ミミズを食べるニホンアカガエル、

それから、

ヒグラシとキイトトンボも

観察できました。

大収穫な1日でした。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。