ニューファンドランド島 地ビール 3種 ICEBERG、1892、 Black Horse

ニューファンドランド島のイチオシ地ビール ICEBERG

ニューファンドランド島で、地ビール3種飲んできました。

イチオシビールは、ICEBERG (アイスバーグ)!

アイスバーグは、「氷山」の意味です。瓶のブルーが美しく、風味は軽すぎず、重すぎずで、好みです。自分、ある年齢に達してから、冷たいビールを飲むと胃が痛くなり、飲まなくなりましたが、今回久しぶりにビール飲み、おいしく感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2種目のビール、BLACK HORSE。ブラックと名前に入るように、アイスバーグに比べ、しっかりとした味、黒ビールほどではないもののしっかりと色もついていました。これも結構好きな味でした。

3種目のビール、1892。これ年号が名前のビールです。ニューファンドランド・ラブラドール州の州都、セント・ジョンズで大火事があった年。緑の瓶でした。

地ビールのせいなのか、光のせいなのか、同じビールなのに、グラスに注いだ時の色味が違うことが2度あり、不思議に思いました。

アイスバーグビールがやや高めですが、いずれもレストランで、1本、6~7カナダドル程度でしたが、税金が15パーセント、さらにチップが15パーセント、マストなので、支払時は1.3倍というわけです。

去年、レシートにチップ金額まで書かれていて、個人的には親切で便利だなと思ったレストランがありました。15パーセントならいくら、18パーセントならいくら、みたいな感じです。でないと、計算が必要です。

そして本当は、ビールそのものの値段に3割の税金、そしてチップもビールそのものの値段に3割プラスが正しい、とのことですが、大抵のレストランはわかっていて、税金込みの値段しか伝えず、ずるをすると聞きました。

飲み物代のお支払は、参加者お一人お一人が支払うと手間だし、時間もかかるので、まとめて私が支払う事が多いです。というわけで、知りえた豆知識でした。先進国のチップ支払は年に数回で、難しいので、来年の自分のためにもメモ、メモです。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。