東カナダ ニューファンドランド島に来ています

現在、カナダに来ています。

カナダと言っても、

ヨーロッパに近い、

東部カナダ、ニューファンドランド島です。

タイタニック号が氷山にぶつかって、

沈んだ海域がすぐ近くです。

昨日は、大きな大きな氷山も見ました。

2万年前の雨が固まってできた大きな氷の塊が、

割れて離れてどんぶらこと

長い年月をかけて、

風に流され、

ちょうど湾内に先に着いたところでした。

氷山は湾内で徐々に溶けて、

形を変え、

最後には、その形を維持できなくなり、

溶け崩れます。

氷山にであうのは、

その確率から

クジラより難しい。

でも、クジラに会うのも大変でした。

ゾデアックのボートに乗り3時間、

つなぎのスーツは着ているけど、

海水をかぶりよく濡れ、

風はもろに切っているし、

寒かった。

でも、ザトウクジラを二個体観察出来ました。

一頭は、

潮吹きを自分で見つけて、

確認できたので、

個人的にも嬉しくて、

クジラ観察も以前よりだいぶわかってきて嬉しいです。

本日は、かわいいかわいいアツモリソウに、

出会えました。

しかも、

花期のタイミングがばっちりで、

個体数も多いし、

こんな美しい花をたくさん見れてほんと幸せでした。

ニューファンドランド島は、

先進国カナダにある国ですが、

アメリカのアラスカ州のような感じで、

素朴、

田舎、

ワイルドなところです。

Wi-Fiも今晩のところは細く、

写真は無理そうなので、

文字だけで、アップします。

実は、明日が旅の最終日。

あっという間の、

見る景色がどんどん変わるジェットコースターの様な旅です。

実は毎日美味しいものを食べています。

帰国したら、

順にご案内したいです。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。