ニューファンドランド島のアツモリソウ Cypripedium reginae レギナエ

カナダ東部・ニューファンドランド島に行ってきました。

去年に引き続き冷夏だった現地は、

天気が不順で、

通常なら出ない場所で、濃い霧が発生したり、

普段強風な場所で、無風でポカポカだったり、

例年ならもうそれほど大きな氷山は流れてこない時期に、

表面に出ている部分で5階建てのビルくらいの大きな氷山が湾内に入ってきたりと、

普段とは違うニューファンドランド島でしたが、

去年の計画の時点で、

天候が今年も夏の到来が遅くなることに賭けて、

タイミングを選び、

今年は賭けに勝ちました。

ピンクと白のアツモリソウ、

英語の名前、英名では、

ショウイレディスリッパーShowy lady’s slipper、

が見事に咲いていました。

3年前の2016年に訪れた時も、

咲き始めのたいへん美しい時に出会うことができ、

こんなにタイミングに出会えるのは最初で最後ですよ!

と言ってしまったくらい、

滅多にないグットタイミングを感じたのですが、

今年はそれ以上でした。

量が、半端なく、

今年は前回の3倍は咲いていたかと。

しかもまだどれも美しく、

蕾も多く、

感動的でした。

写真も今回はたくさん撮ったので、

ブログにアップしたいのですが、

帰国してから、日本の蒸し暑さにやられ、

そして、次のツアーも間近なので、

整理に手がつけられず、

後日、たくさんアップしたいと思います。

その時の興奮だけは、

書き留めたくて、

書いていたら、

熱くなってきました。

花の旅で、

花の最も美しいタイミングにどんぴしゃりで出会えるのは、

本当にうれしいです。

たとえ、いろんなことがあっても、

それは、次回にいかせばいいと思え、

神様からのご褒美とありがたく受け取り感謝しています。


この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。