アラスカ チチャゴフ島 ブラウンベアに遭遇!

ジュノー空港から水上飛行機で30分弱乗って到着する無人島のチチャゴフ島で、ブラウンベア(和名は、ハイイログマで、ヒグマの亜種です)にも遭遇しました。

滝のポイントに到着後1時間弱クマが出ないので、ハクトウワシなど鳥を見ながらも、待ちぼうけていましたが、突然、親子のブラウンベアが水場をはさんで向こう岸に出現!

悠々と歩いてサケが遡上する滝へ近づき、母グマ見守る中、活動的な子熊がサケを捕らえ食べていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2頭の子熊は、短い時間を見ているだけでも性格の違いがわかり、行動的な一頭とのんびりやさんでした。そしてそれを見守るお母さん。

足がだいぶ細いので、サケを十分に食べる前、サケの遡上は始まったばかりだということでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年は、カトマイ国立公園で雄のクマがサケを食べる所を観察しましたが、親子のクマの方が見ていて動きがあり、興味深く、面白いと思いました。

サケの遡上に合わせてクマが川に集まり、冬眠で3分の2に減った体重を戻すためというか、空腹を満たすため、ひたすら食べる時期となります。動物はやっぱり食べることが一番大事。無防備に観察させてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無人島へは、こんな6人乗り(パイロット込み)の水上飛行機に乗っていきました。荷物は計測され、体重は自己申告で搭乗前に伝えます。

が、最終的に乗り込む前にパイロットが人を見て、どこに座るかその場で指示だします。自分は、往復とも副操縦席(操縦士の隣)の隣でした。

飛行中は、音がうるさいぞと説明がありイヤホンを配られました。自分は、バイクやF1、戦闘機などそういう音が好きなので、行きはイヤホン断りましたが、帰りはもらいました。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。