イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

アラスカ州のジュノーで、ザトウクジラのバブルネットフィーディングに幸運にも遭遇できました!

アラスカ州のジュノーで、ザトウクジラのバブルネットフィーディングに幸運にも遭遇できました!

7月末、アラスカの州都ジュノーの港から出発したホエールウォッチング船で、ザトウクジラのバブルネットフィーディングを観察・撮影してきました。

日本語では、ほとんど情報がないので、知りえた情報と観察して気づいた事を漏れなくブログに残そう思いましたが、結構なボリュームになることに気づき、まずはどんな感じだったのかを紹介します。

バブルネットフィーディング(Bubble-net feeding)は、ザトウクジラ(Humpback Whale)の採餌方法の一種です。

水中観察ができる船だったらもっと興味深いシーンが見られそうですが、観察できるのは、海の上の部分だけです。どんな風に見えるかというと、こんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ① 突然、海面にクジラの群れが一斉に口を開けて、頭を突き出して立ち泳ぎしているかのような縦方向に出現。体が大きいせいか、スローモーションを見ているようで、数秒は飛び出ていると思うが、広い海で、どこから出てくるのかわからない(泡があがるというヒントはあるが現場では見えず)ので、実際は上がってからワンテンポ遅れてからしか見ていないことになる。

一度、氷河をバックにして上がるといいなぁとカメラを構えて待っていたら、もっと近いところに出てきて、音で気づいたが一番いいところは撮影できなかった。

口が閉じています ② クジラが口を閉じてから、徐々に体が沈んでいく。横倒しになる個体も多数。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ③ 体が水面下に入ったあと、今度は体を左右に振るので胸びれ(flipper:フリッパー)だけが、海面に出てくる。魚と共にたくさんの水を飲んでしまうので、左右に体を振り水と魚を分けていると説明があった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
④ 食べ終わって落ち着いたと思われるクジラが、次々に噴気を上げ、息継ぎをする。運動後の呼吸を整えているよう。

別々の個体がプシュー、プシュ―と連続して上げたり、何頭か一斉にあげたりとしばらく、噴気が次々にあがる。

この呼吸音が、個人的には一番印象的。耳から消えそうにない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ⑤ 次の魚の群れを探すために移動開始。移動中もよく噴気を上げていた。時々背びれや背中がよくみせてくれる個体がいた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ⑥ 再び、潜水開始。潜る前には、尾びれを必ず上げるので、潜りはじめがわかる。

そして、また①に戻る。これを連続して繰り返すの観察しました。

この時期、クジラは魚がいれば24時間食べ続けると聞いていましたが、私たちが見ている間、バブルネットフィーディングを継続し餌を取り続けていました。運が良ければ1回か2回見られるかもと思っていたのですが、、実際には正味40分ほどの滞在で10回は観察しました。

群れの数は13か14頭とのこと。尾びれを数えるのが間違いが少ないと教わるが、どのタイミング?かよくわからず。

まとめ:今まであまり興味がなかったけど、クジラってすごい生き物!ここ数年、観察する機会はあったのですが、今年3月のシロナガスクジラに引き続き、今回のでブレイクした感あり。知って興味深かったこと、お伝えしていきます!

予告:
バブルネットフィーディングは、海の中で何が行われているの?
バブルネットフィーディングのパラパラ写真
南東アラスカのザトウクジラについて、
ザトウクジラの特徴、あれこれ、
そもそもクジラとは?
地球最大生物シロナガスクジラとの出会い
クジラの参考書籍
など、忘れないうちに、まとめたいです。