アラスカ 野生のラッコ 海上では流木、ゴミに見える

ずばり、木材か何か茶色いゴミに見えます。
海に漂うラッコを探して見つけるポイントは、茶色い大きな塊を探すこと。体長は大人だと120~130㎝位ありますので、結構大きいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
海は広いので、体長15m以上のクジラでも、自分との距離が遠いと小さく見えます。まして、ラッコは、、、ですが、裸眼でとらえられる範囲ならばちょっと大きなものが浮かんでる様に見え、1日(8時間クルーズ)見ていた方は、見つけられるようになります。

今回は、2つこぶは普通のラッコ、3つこぶは赤ちゃん抱いたラッコというパターンもわかり、3つこぶラッコを探せ!ゲームをクルーズの最後にしていました。

アラスカの海に行くことがあったら、ぜひ探してください!

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。