ブログ写真集 北欧 フィンランド オウル クーサモ

ブログ写真集 北欧 フィンランド オウル クーサモ

今日も暑い一日でしたね。

こんな日は、寒い国、涼しい国の写真をみて、納涼しようと思い、

久しぶりにフィンランドの写真のフォルダーを開けました。

通算、4回フィンランドには行きましたが、

バードウォッチングに行っていたので、

ヘルシンキには行ったことがありません。

すぐに国内線に乗り継ぎ、

一時間ほど飛んだ北部の町、

オウルか、

それよりさらに北部、

北極圏にほど近いクーサモで過ごしていました。

森と湖の国フィンランドは、

確かに森と湖が沢山あって、

湿地帯も多く、独特の景観です。

湿地帯の雰囲気は、アイスランドやニューファンドランドにもよく似ています。

そして、フィンランドはフクロウの国でもあって、

かなり、フクロウの見やすい国でもあります。

カラフトフクロウ、オナガフクロウ、キンメフクロウ、スズメフクロウなど

出会えたらうれしいフクロウが沢山います。

そして、ちょうど営巣中です。

フィンランドは、バードガイドがボランティアで、巣箱をかけ保護活動をしているので、

繁殖の進み具合を確認しつつ、繁殖の妨げにならない程度に見せてくれます。

5月中下旬に訪れますが、

その頃、現地は初夏を迎え、湖でひと泳ぎして

ずぶ濡れの海パン一枚のお爺さんに会ったこともあります。

私にとっては、日陰だと寒いくらいの天気でも、

フィンランド人には、日差しが出ていて明るければ、

半袖で大丈夫な人が多いです。

空気も冷たく、手をこすり合わせていたら、

「フィンランドに住めないなぁ。」とぼやかれました。

寒かったことを思い出してきたら、少し涼しい気分に。