ブログ写真集 北欧 フィンランド オウル クーサモ

今日も暑い一日でしたね。

こんな日は、寒い国、涼しい国の写真をみて、納涼しようと思い、

久しぶりにフィンランドの写真のフォルダーを開けました。

通算、4回フィンランドには行きましたが、

バードウォッチングに行っていたので、

ヘルシンキには行ったことがありません。

すぐに国内線に乗り継ぎ、

一時間ほど飛んだ北部の町、

オウルか、

それよりさらに北部、

北極圏にほど近いクーサモで過ごしていました。

森と湖の国フィンランドは、

確かに森と湖が沢山あって、

湿地帯も多く、独特の景観です。

湿地帯の雰囲気は、アイスランドやニューファンドランドにもよく似ています。

そして、フィンランドはフクロウの国でもあって、

かなり、フクロウの見やすい国でもあります。

カラフトフクロウ、オナガフクロウ、キンメフクロウ、スズメフクロウなど

出会えたらうれしいフクロウが沢山います。

そして、ちょうど営巣中です。

フィンランドは、バードガイドがボランティアで、巣箱をかけ保護活動をしているので、

繁殖の進み具合を確認しつつ、繁殖の妨げにならない程度に見せてくれます。

5月中下旬に訪れますが、

その頃、現地は初夏を迎え、湖でひと泳ぎして

ずぶ濡れの海パン一枚のお爺さんに会ったこともあります。

私にとっては、日陰だと寒いくらいの天気でも、

フィンランド人には、日差しが出ていて明るければ、

半袖で大丈夫な人が多いです。

空気も冷たく、手をこすり合わせていたら、

「フィンランドに住めないなぁ。」とぼやかれました。

寒かったことを思い出してきたら、少し涼しい気分に。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。