ブログ写真集 アイスランド №1 

アイスランドの7月初旬、

天気が良ければ、寒いけど快適。

北海道くらいの国土だけども、

一周するのは、結構たいへん。

道路が、途中ダートの未舗装路になるから。

火山と滝と湖の国、と言われるだけあって、

水は豊富。

そして氷が解ける夏は、滝の水も増える。

雨もわりに多い。

道路は未舗装路。

長時間車で走ると、車体がドロドロになる。

高緯度地方の国、アイスランド、アラスカ、フィンランドは、

そういう目に遭いやすい。

写真は、7月初旬のころ。

アイスランドは、北緯66度程度に位置するので、北極圏に位置しないが、

この時期、夜は真っ暗にならない。

夕方以降、だらだらと明るいので、

夜の11時過ぎても、薄暗くなるだけで、

普通の夜のように暗くならない。

この時期、花も美しく咲き乱れるし、

鳥も繁殖、子育てで忙しい。

そして、いい季節なので、観光客も多い。

でも、アイスランドの首都レイキャビク周辺を出ると、

途端に人に会うことは少なく、

不安になる。

人口がそもそも少ない(数年前に34万人)し、

主要な都市も少ない。

夏でも寒冷だけど、

人気(ひとけ)が少なくて、さみしい感じもする。

空気が澄んでいて、晴れれば、空も滝も湖も、氷河も、

青く美しく、大好きな国だけど、

氷河も多く、雪や氷を見る機会も多いせいか、寒々しい感じがするのは正直な印象。

人が少ないから、合理的で、シンプルで、

国に資産がないから、そうでないものを売りにしたと聞いたが、

デザインが素敵な国で、

人も好きになったので、一度は、長く居てみたい国。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。