ブラジルビザ 2019年6月 一般観光で不要にルール変更 

ブラジル パンタナールの朝焼け

“2019年6月17日以降より、オーストラリア、カナダ、米国及び日本国籍所有者の訪問ビザが免除されます。”

と在東京ブラジル総領事館のホームページに記載されています。

ブラジルに入国するためには、

短期の観光でも、

これまで、ビザが必用でした。

そのビザの申請は、

私が知っている国の中で最も面倒で、

必要書類の多い国でした。

だって、

「銀行の残高証明」が必用だったんです。

安全に動植物観察に行ける国、

その中でも、

ビザの必要な国で、

そんな書類を必用とする国は

ほかにありませんでした。

ビザ問題が解決するだけでも、

その国にとっても行きやすくなります。

ビザのルールはすぐにまた変わるという事もないだろうと思いますが、

今がチャンス!

ブラジルへGO!

という気になりました(笑)

そのくらい、ブラジルビザの手配って、面倒だったわけです。

出発のかなり前から、着手しないとビザが取れないかもしれないと心配だし、

間際に行きたいと言われても、

出発できない国で、

ビザはいろいろなトラブルの元でした。

「銀行の残高証明書」どうしてそんな書類が必用なの?

と聞かれることはよくありましたし、

そんな面倒ならもう行かない!

と言われたこともありました。

ブラジルに行きたかった方、

すっごく、行きやすくなりましたよ。

この情報、すっごく大事です、

必要な人は少ないかもしれないけど。

南米、難しいですが、楽しいところです。

ぜひどうぞ!

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。