ペルーとアマゾニア アマゾニアとはアマゾン川流域のこと

ペルーといえば、アンデス山脈がイメージされ、山の印象が強いかもしれない。

でもペルーの国土の6割以上は「アマゾニア」とよばれるエリアだ。

「アマゾニア」は日本ではなじみ無い言葉だが、世界最大の流域面積を誇るアマゾン川と森林のエリアの総称。

南米大陸の北部、以下9カ国、ブラジル、ペルー、エクアドル、ボリビア、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナに広がるその面積は780万㎢、日本の約20倍相当というから、アマゾニアの広さがいかに広いかがわかる。

地球の炭素の貯蔵庫、エコシステムの担い手、と言われる理由だ。

そして、このエリアに、世界の生物種の10%が生息すると言われる多様性をもつ。

アマゾン、やっぱりすごいはずだ。

こんな仕事をするとは全く思っていなかった頃、友人に誘われ、エクアドルアマゾンに22年ぐらい前に訪れた。

その時のカルチャーショックは、今でもよく覚えている。

ちょっと怖いけど、ペルーアマゾン楽しみだ。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。