ペルーのお土産 手作り品のレベルが意外にも高かった

土産売りのお母さん

ペルーの山岳地帯は、よく見るようなお土産はあるだろうけど、アマゾンじゃ何も買えないと思ってた。

そしたら、木の舟で売りに来ていた。

意外にも(失礼)センスがいい。

自分の好きなテイストのものもある。

ペルー人のガイドに、いつもいるわけではないから早く買ってねと言われていたが、初日はスルーした。

翌日、また宿の一角に、赤ん坊連れのお母さんと子供が売りに来ていた。ニコニコと穏やかで、気持ちがいい。

どうせ買うならこういう人から買いたい。

それで、魚を買いました。

ブレスレットみたいのは、参加者の買い物を手伝った際に2ドルで買えるものということで、選んであげたら欲しくなったので、買い取らせて頂きました。

ブルーの紐が好き。つくりは相当甘いけど。

イキトスで買ったブレスレット

そして、帰る時、イキトスの町でインディアンマーケットに行った。

そこで、とっても素敵なブレスレット?を見つけ買いました。

とても細かい編みの作品で、驚くほどだ。

これでも自分も15歳くらいまでは、手芸をしていたので手作りのものが大好きだし、作るのがどれくらい大変かは想像がつく。

こんなお土産がいつも買えるといいのですが、いい出会いでした。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。