イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

中南米の空港からアメリカに行く時の注意! 水没収事件

中南米の空港からアメリカに行く時の注意! 水没収事件

乗る直前に買ったミネラルウォーターが没収されます。

南米の空港内のセキュリティを通った後に、搭乗直前に再度セキュリティがある時があります。

その際、セキュリティの後に買った水が再度没収されます。

これ、腹立たしいので、そういう目にあうと皆さん結構根に持たれます。

これは、アメリカからの要望だそうです。

初めてスッキリ答えを知りました。

「アメリカに行く飛行機に乗る際は、液体物は持たせないという規則なんです、厳しいですよね。」と、リマでLATM航空の地上係員から日本語で直接聞きました。

経験上、知ってはいたのですが、毎回ではないし確信が持てていませんでしたが、ルールだと知ることが出来て明確になりました。

〈今日の学び〉
中南米からアメリカに向かう際は、セキュリティ通過後に再度、液体物の没収がある場合があるので、機内用の水を買うのはやめよう。

飛行機に乗る前に飲みたい時だけ買おう。

☆写真は、フサオマキザル。訳ありのサルを保護しながら、見せている施設が宿の近くにあり、そこを訪れ撮影。サルの仲間は、他の哺乳類に比べ南米では比較的見やすいが、それでも森が深いのでしっかり見る機会は少ない。子供もいたが、表情が豊かで、新大陸のサルの事、もっと知りたくなりました。