セルー猟銃保護区 セレナキャンプからおはようございます!

AM05:41 1頭目のカバが、川に帰る。

雄叫び?なのか、大きい声を上げてから、

ジャバーン!という音で、巨体が着水したのがわかる。

AM05:49 2頭目のカバが、川に戻る。

鼻から空気を抜いた感じ、

フガフガ、ファファファファと鳴き、

今度はザブーンと川に入っていった。

着水地点が違うと推測。

強力な懐中電灯は持っていますが、

朝6時まではカバの時間だから、

部屋から出ないで!

と言われているので、

音の情報だけです。

AM05:54 前の二頭よりも激しい雄叫びを上げて、

3頭目が入水。

もうすぐ6時、最後かなぁと思いながら、

自分はテントキャンプの中で、朝の身支度。

AM06:02 4頭目が、今までとは違い、

泳ぐような感じ、優しい着水で、川に入る。

4頭それぞれに、2018年7月11日の朝、

川に帰って行きました。

夜行性のカバは、川から上がって草を食べに夕方から夜にかけて上陸します。

部屋のすぐ前に川があり、上陸できる所がありました。

足跡がたくさん残っています。

カバの声、身近に初めて聞こえた時は怖かったですが、

今回すっかり慣れました。

こういう場所には、今回で4泊目の経験。

今回2連泊したので、

夜中にカバの声で目が覚めても、またすぐ眠れるように。

この後も、川沿いに泊まる予定です。

今回、ダルエスサラーム以外は、

テントキャンプなので、

野外の音がよく聞こえ

空気は野外と繋がっている感じです。

いつか入水シーンをリアルに見たいものです。

それでは、皆さん、よい1日を!

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。