ラケットニシブッポウソウ Racket-tailed Roller  タンザニア南部で観察

タンザニアでサファリをしていると、ブッポウソウの種類が多い。

ライラックニシブッポウソウ、


ニシブッポウソウ、


チャガシラニシブッポウソウなど。

ライラックニシブッポウソウは、

「世界の美しい鳥」の表紙を飾る鳥。

この美しい鳥が、北部タンザニアはたくさんいます。

本当に最もどの公園にも多数いる鳥なので、

はじめのうちは声をあげていた人も、

そのうちスルーしだす。

どういうことかというと、

見ても遠いと、見なかった事にする。

見ても流して終わりにするということ。

本当にすぐ近くにとまっている個体の時は、

写真を撮るため、観察するために車は停めてほしいけどね、ということです。

普通に見てもきれいですが、

飛んだ時の翼の色がまた鮮やかな濃いブルーで、

それもまた目をひき、格別に美しい鳥です。

今回、初めて行った南部タンザニアには、

このライラックニシブッポウソウによく似ているけど、

違う種類の鳥、

ラケットニシブッポウソウがいるということで、

現地で、その微妙な違いの鳥を探しました。

尾の先端にラケットの様なヒラヒラが図鑑には描かれていたが、

実際にそんな風に見えることは少ないらしく、

現地では、結局わかりやすい個体を見ることはできませんでした。

でも翼全体のカラーリングで茶色の部分が多いこと、

尾の先が、シュッとしていないことなどから、

ラケットニシブッポウソウを識別し、

見てくることができました。

初見の鳥の識別は自信がないので、

仕事仲間のバードガイドに確認したら、

すぐにそうだよ!と教えてもらえました。

トップの写真が、ラケットニシブッポウソウです。

間違い探しみたいな鳥の探し方は、

自分は得意ではありませんし、

できればあまりしたくはありませんが、

ラケットの尾なら見てみたいと思い、

ブッポウソウがいれば、チェックしていましたが

結構、骨の折れる作業でした。

結局、自分では探し切れませんでしたが、

同行者の参加者が発見!

さすがです。

南部タンザニア、

北部タンザニアと違う種類の鳥がいて、

マニアックですが、面白いと思いました。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。