イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

いままで私が見てきた世界の動植物のこと伝えます!

いままで私が見てきた世界の動植物のこと伝えます!

1997年から世界各地へ、野生の鳥や花を観察、撮影するための旅を企画、手配、添乗する(要するに何でも全部)専門特殊旅行会社に勤務。

北海道のエゾエンゴサクの花畑

子供時代は幼稚園児から頭痛持ちで、小3から大学まで貧血と付き合い、虚弱体質だったのが幸いし、我慢強く、湿度や乾燥を体で感じられるのが後に役立つ。

ツアーで訪れる場所は、地球儀で言ったら上か下かに近いエリアの寒帯・冷帯の高緯度地方か、真逆の赤道に近い場所、アフリカ・サバンナなどの乾燥地帯や、湿度の高い熱帯雨林など、授業で習った世界の気候帯を体験できる暑いか寒いかの場所がほとんど。体質的に暑いのも寒いのも苦手、でも準備と気合いで順応する方法を覚える。

2000年結婚、2003年に長女を出産後、アレルギー体質も加わりさらにトラブルも増したが、子育てと共に、コミュニケーション能力と経験値がさらにアップ。10ヵ月で育休復帰後は、社内新規の国内ツアー担当となる。ホントに手探りで国内旅行を手配添乗しながら体得しつつ、日本の地理音痴も少し克服(企画手配した場所はさすがに覚える)。苦手なことは、経験して覚えるタイプで最近はこれを利用して新しいことにチャレンジ中。

2012年から海外担当にもどり、勤務先が途中、吸収合併され名前は変わるものの、取扱う旅の内容は変わらず、自分はその中でも新たなツアーカテゴリー構築に向け、新しい国のツアー開拓を継続中。海外に年に10回前後出かけご案内し、経験積んでいます。(←いまここ)

動植物について、自分の知っていることは、仕事で行ったツアーの観察地で見たものがすべてです。この世界に、素敵な動植物がいることを知ってほしく、興味をもってもらえたらなぁと。そして、身の回りの自然や環境を大事に、愛おしく感じてもらうきっかけになればいいなぁと思って、このブログをはじめます。

自分が今まで世界の動植物のことで見たこと、聞いたことを伝えられるメッセンジャーになりたいと思っています。