10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

気ままに写真集 タンザニア セレンゲティ国立公園 その1

気ままに写真集 タンザニア セレンゲティ国立公園 その1

タンザニアのサファリで、

北部のエリアだったら、

ぜひここまで行ってほしいと私が思うのがここ、セレンゲティ国立公園。

何を見たいか、何をしたいかによるけども、

せっかくタンザニアまで来たなら、

ここの景色を動物と共にぜひ見てほしいなぁと思う。

基本は、草原が広がるサバンナだが、

樹木もあり、ところどころ「コピ」と呼ばれる岩山がある。

公園の広さは、東京、千葉、神奈川、埼玉の広さよりも大きいから、

サファリカーで、走っても走っても、目的地に着かない気がするときがある。

そんな果てしなく広いところに、

大型哺乳類が生息している。

相当広いところに、動物は点在していて、

動物園のように、

そこかしこに動物がいるわけではないけど、

それでも、哺乳類に多数遭遇する。

かつ、鳥に多数遭遇する。

動物の動きは、想像しているよりも、かなり早い。

ゾウにあっという間に囲まれたり、

サーバルが道の向こうから突然歩いてきたり、

いろんな事が起こる。

凄い瞬間を目の当たりにすると、

大きな声をだしそうになって、

それは絶対にタブー。

大きな音を出すのは動物を逃がす可能性があるから。

そんな時は、口を押えて、息を本当にのんでいます。

サーバルがサファリカーに向かって歩いてきたときは、

あ!!と大声を出しそうになり、本当にそうしました。


もう一つ読んでいかれませんか。

きままに写真集 タンザニア セレンゲティ国立公園のその2はこちらです。

その3はこちらです。