気ままに写真集 タンザニア セレンゲティ国立公園 その1

タンザニアのサファリで、

北部のエリアだったら、

ぜひここまで行ってほしいと私が思うのがここ、セレンゲティ国立公園。

何を見たいか、何をしたいかによるけども、

せっかくタンザニアまで来たなら、

ここの景色を動物と共にぜひ見てほしいなぁと思う。

基本は、草原が広がるサバンナだが、

樹木もあり、ところどころ「コピ」と呼ばれる岩山がある。

公園の広さは、東京、千葉、神奈川、埼玉の広さよりも大きいから、

サファリカーで、走っても走っても、目的地に着かない気がするときがある。

そんな果てしなく広いところに、

大型哺乳類が生息している。

相当広いところに、動物は点在していて、

動物園のように、

そこかしこに動物がいるわけではないけど、

それでも、哺乳類に多数遭遇する。

かつ、鳥に多数遭遇する。

動物の動きは、想像しているよりも、かなり早い。

ゾウにあっという間に囲まれたり、

サーバルが道の向こうから突然歩いてきたり、

いろんな事が起こる。

凄い瞬間を目の当たりにすると、

大きな声をだしそうになって、

それは絶対にタブー。

大きな音を出すのは動物を逃がす可能性があるから。

そんな時は、口を押えて、息を本当にのんでいます。

サーバルがサファリカーに向かって歩いてきたときは、

あ!!と大声を出しそうになり、本当にそうしました。


もう一つ読んでいかれませんか。

きままに写真集 タンザニア セレンゲティ国立公園のその2はこちらです。

その3はこちらです。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。