マダガスカルの大統領 45歳 アンドリー・ラジョエリナ氏(MR Rajoelina Andry Nirina)に決まる

マダガスカルとメールのやり取りをしていたら、

昨日、マダガスカルの大統領が決まりましたと教えてくれた。

2018年11月にマダガスカルを訪れていた際、

ちょうど、大統領選挙の日にあたり、

トラブルがあるかもしれないと、

二人で心配した。

幸いにも、問題はなくて心底ほっとした。

選挙日は、休日になったおかげで、

交通渋滞が起こらず、

かえってラッキーなくらいだった。

移動しながら通る町では、

選挙の際に無料で配られた今回決まった大統領の顔写真の入ったTシャツを着ている人をあちこちの町で見かけた。

この選ばれた大統領のカラーは、オレンジで、一番目立っていた。

10年位前にも一度、大統領になっていて、

顔に見覚えがあった。

大統領の顔写真が大きな看板でよく張られているし、

大統領を乗せた車両が通るからという理由で、

突如、車両通行止めにされたりとか、

この国に来たら、一般の旅行者でも、

大統領に何かしらの接点をもつことになるでしょう。

この大統領の時は、病院ができたり、道が新しくなったりと、

いいことがあったので、皆好きだという。

最近までの大統領は私腹を肥やして何もしなかった、変わらなかったと糾弾され、

国外に出たと聞いた。

なかなか大変。

自業自得ともいえるけど。

信じにくいが、この国では、権力や地位のある人が、

あからさまに悪いことをするのが一般的で、

一度、権力を握ったら、したい放題をする人もいると聞いた。

すさまじい。

どうして、それが許される法律になっているのかわからないけど、

そんな人が大統領になるから、国はちっとも良くならないとも聞いた。

以前活躍した若いアンドリー・ラジョエリナ氏が、再び大統領に決まったことは、喜ばしいことかと。

この国が、すこしでもいい方向にすすんで、

これ以上、環境や自然を壊さないですむようになることを祈っています。

偉そうに聞こえるかもしれませんが、

ストリートチルドレンや、

食べるのに困る人が増えないよう、

若い大統領が、活躍することを、日本から祈ります。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。