エチオピア航空 を利用してマダガスカル島へ

マダガスカル航空が、

バンコク-アンタナナリボ(マダガスカルの首都)間の運行を数年前にやめて、

マダガスカル島は、日本から遠くなり、

いえ、正確には、行きにくくなりました。

2年前は、モーリシャス航空で、

クアラルンプール(マレーシア)、

シンガポール、

モーリシャスと3回乗り継ぎ、

やっとアンタナナリボへ。

行くだけで、相当疲れました。

モーリシャスで、

絶滅種のドードーのエンブレムやぬいぐるみを見た時は1人湧きましたが。

今年は、エチオピア航空で、

インチョン(韓国)、

アディスアベバ(エチオピア)、

と2回乗り継ぎで

アンタナナリボ(マダガスカル島)へ。

初めての航空会社は、すこし、ドキドキする。

航空会社のサービスのレベルや、

乗客がどこの国の人が多いか?(これ意外に大事で、中国人が多い機内は荒れます。)

わからないし、

各地での乗り継ぎの仕方が独特だったりするので、

スムーズに行くか気になります。

よく行くタンザニアは、

カタール航空で、

中東のドーハ乗り継ぎのため、

日本から飛行機に乗った際に、

機内にアフリカの雰囲気は、ほぼありません。

アフリカ人が搭乗してることはもちろんあるけど、

アフリカ人比率は高くないし、

民族衣装を着たアフリカ人女性がいたりはしないので。

そういう意味で、

エチオピア航空は面白い。

成田で、搭乗して、

すぐ、アフリカの風が吹いた。

アテンダントが、

まず、みんなエチオピア人女性で、

ビジネスクラス対応の人は、

民族衣装を着ている。

成田-アディスアベバ間の機材は、

古くて、シートもへたってました。

でも、アテンダントの対応が、

席がわからない人にはおしえ、

荷物の多い子供連れ客の手荷物を持ってあげるなど、

なかなか他ではみない感じの、

必要なだけのサービスがされていて、

見ていて気持ちがよかった。

今、アディスアベバの空港は、建設中で、

完成したら、

南アフリカの首都ヨハネスブルグ、タンボ国際空港よりも、

収容可能人数が増え、

アフリカ大陸一のハブ空港となると、

機内誌に書いてあった。

アディスアベバの空港は、

人はかなり多くて、

座るところも足りないくらいごったがえしてはいたが、

悪い前情報と違って、

乗り継ぎもかなりスムーズだった。

セキュリティが甘いとは思ったけど、

新しい空港になればたぶん、

解消されるのでしょう。

成田から、ブラジル・サンパウロまでエチオピア航空でいけると今回知りました。

比較的、航空券代も安いです。

日本人には馴染みのない航空会社ですが、

これから成長してくのではないかと思います。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。